ほろ酔いPhoto日記 novo 

喜びの露が飛ぶ

やった~、3本GETです!ヽ(^o^)丿

f0064192_21252066.jpg
といっても、私の分は1本だけですけどね。

蔵元『廣木酒造本店』では、発売と同時に即刻売り切れ。
ところが、近所の酒屋さんでは、発売翌日余裕で3本購入できました。

“飛露喜”といえば、今じゃ東京を中心に全国的に知名度が上がったせいか、
元々が数量限定発売でもある為、なかなか手に入りにくいお酒となってしまいました。
『廣木酒造』の前を通ると、毎度毎度「“飛露喜”は売り切れました」という張り紙がしてある。
“飛露喜”を置いていると、ある程度知られている他のお店も、おそらくは同じこと。
発売直後を狙わなきゃ、まず手に入れることはできません。
しかも、一家族につき1本限り。予約は受け付けておりません。

“飛露喜”は、大量生産していないので、限られた酒屋さんにしか卸していません。
地元密着型の酒屋さんは、“飛露喜”を売りにしているわけではないので、
それを宣伝にしたりはしないし、観光客はまずそういうお店を知らない。
地元の人だって知らない人が多いに違いない。
なので、そこが穴場なのですよ。一家族1本の制限もない。

今回“飛露喜”を購入した酒屋さんは、会津若松の『会津酒楽館』のオヤジさんから
このお店にも置いてあるよ、と教えてもらった会津坂下の酒屋さんです。
今まで何度となくこの道を車で通っていたというのに、全く気付かなかったお店。
店内には、地元坂下を中心に、会津の地酒がズラリとたくさん並んでいました。
(この写真↓は、ほんの一部)

f0064192_2154662.jpg

うひゃ~、思わず声に出して喜んでしまった程の品揃え。
なんで今まで、このお店に気付かなかったんだろう?
『会津酒楽館』のオヤジさんには感謝しなくちゃですな。

しかし実は、地元の人には意外と知られていない“飛露喜”です。
このお酒、『廣木酒造』の先代が亡くなった後、傾きかけた蔵元の経営を立て直そうと
後を継いだ息子さんが1999年に造りあげた新しいブランドなんですよね。
それをテレビのドキュメンタリー番組が取り上げ、一気に知名度が上がったそうです。

この蔵元は、もともとは“泉川”のブランドで売っていました。
うちの本家のおじさんは、ここで酒を買ったことはないけど、
以前酒粕はよく買っていたとのこと。
“飛露喜”は知らなくても、昔の裏話は知っていました。

まあ、地元の人からすりゃ、“飛露喜”に飛びつくのはある意味ミーハーなのかもね。
会津にはもっともっと沢山の銘柄の色んなお酒があるのだから。
今回“飛露喜”を買った酒屋のおじさんでさえも、
それより旨い酒があると、他のお酒を一番に薦めていました。

とはいえ、やはり“飛露喜”があると、飛びついてしまう私です。
だって、なかなか口に出来る機会がないんですもの。
東京の居酒屋で飲むとすれば、たった一合やそこらで1000円以上してしまう。
しかも、限られたお店でしか飲むことができないんですからね。
(バカらしいお値段が付いている為、居酒屋で飲んだことはないけど・・・)

今回出ていたお酒は、去年もこの季節に飲んだ吟醸の生。
冷蔵庫に入れておかなきゃいけない為、一升瓶なのでとっても邪魔になる。
とりあえず、GW明けまではおいとくとして、みんなで飲む機会がなければ
一人でチビチビ飲むことにしよう。

f0064192_7285838.jpg
酒屋のおじさん。
手に持ってもらっているのは、石に描いたお地蔵様。
[PR]
by joko_tak | 2009-04-21 07:41 |

日々のしょうもない出来事を、“ほろ酔い気分”で書き連ねます
by joko_tak
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

お気に入りブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな