ほろ酔いPhoto日記 novo 

日帰りバスツアー(紅葉編) 感想

今更ながらですが、ツアー当日疑問に思ったことを言わせてもらうと、
11月3日の南会津の天気は関東地方とは間逆のものでした。
それって、天気予報を事前に見てれば予測できたはず。
(早朝:みぞれ、午前中:雨、午後:くもり、最高気温:6℃)

なのに、添乗員はじめ他のお客さんたち皆、「東京の天気予報しか見てませ~ん!」
てな出で立ちでした。薄手のジャケットに傘もなし。
傘を持参してたのって、たぶん私一人。手袋持参もたぶん私一人・・・。
(もちろん寒さに備え、ちゃんとダウンコート着ていきました。)
ほとんどの人達は、途中まで「絶好の行楽日和だね」と大喜びで、
傘を持ってる私が「何でこんな日に?」って目で見られていたと思います。

う~む、これって不思議で仕方ない。
皆、自分の旅行先の天気が気にならないんだろうか?
私なんか何日も前から毎日、那須塩原と南会津の天気予報を
インターネットでチェックしていたというのに・・・。

それとも、会津地方に行ったことがなくて、関東地方と同じ天気だと思ってたのか?
はたまた、福島県の天気予報見たら、晴れだし気温もたいして東京と変わらないので、
大内宿も暖かいだろうと思ったのか?だとしたら、大雑把に福島県だけで天気を見ると、
たぶん県庁所在地である福島(中通り)の天気が出てきます。広い福島県は
3つの地方に分かれていて、中通り、(浜通り)、会津地方の気候は全く異なるので、
大雑把な天気予報見るなら、新潟の天気予報見た方がいいですよ。
と是非ともお教えしたいものです。
しかも、南会津は会津地方の中でも一段と寒い豪雪地帯です。

まあ、一般のお客さんが知らないのはまだ仕方ないとして、添乗員までが・・・。
大内宿には何度も添乗したことがあると言ってたのになして???
しかし、この時期は初めてなのか、コートやジャンパーなしのいかにも寒そうなスーツだけ。
私が出発前に天気予報を教えてあげても、那須塩原までの天気のよさで
全く雨が降るとか寒いなんて信用してなかったみたいだし。
まあ、25歳という若さゆえに、自分の添乗先の天気予報を事前にチェックしておく、
なんてことに気が回らないのか・・・?
天気予報をチェックしておき、バスの中で事前にアナウンスしておけば
乗客もいきなり雨に降られたり、冬の寒さに一変して驚くこともなかっただろうに・・・。
(補足しとくと、彼、若いなりに一生懸命やっていて、印象は決して悪くなかったです。)

日帰りバス旅行、私もまだ初心者なので、どれが普通かよくわからないけど、
前回の「八ヶ岳とひまわりツアー」の添乗員(HIS)は、前日の夜に乗客の一人一人に
電話をしてキャンセルがないかきちんと確認していた。
なので、ツアー内容など最終的に訊いておきたいことは、そこでも確認できた。
今回のツアー(阪〇)では前日確認はなし。
もし、HISのように前日確認があって、天気予報のことに一言触れておけば
皆温かい服装で、念のための雨具も持参できたのになぁ、と思うのだが・・・。

今回の客層は、前回の若者が多いツアーと違って、年配が多かった。
なので、インターネットでピンポイントで天気予報を調べるなんてこともしないだろうな。
大内宿での自由時間は、渋滞で時間が押して予定より30分短い1時間半。
私はそれじゃあ時間が足りないと感じたけど、薄着の人は寒くて観光どころじゃなく
早々にバスに戻った人もいると思う。せっかくのツアーのメインの場所なのに・・・。

まあ、添乗員の気遣いがあれば有難いが、結局は参加する側の自己責任か。
いくら旅行会社任せのバスツアーといえども、せっかくの旅行を楽しみたいなら
天気予報チェックくらいは最低限しとけばいいのに、と思ったのでした。

ツアーの内容としては、スケジュールの往きと帰りにそれぞれ組み込まれている
那須でのお買い物が、時間が押している時には不要だと感じて、それが不満。
でも、念願だった秋の大内宿がいくら寒くても予想を裏切らないものだったので、
トータルではほぼ満足◎!ってことにしときましょう。

f0064192_073750.jpg

[PR]
by joko_tak | 2010-11-19 00:06 | 会津

日々のしょうもない出来事を、“ほろ酔い気分”で書き連ねます
by joko_tak
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お気に入りブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな