ほろ酔いPhoto日記 novo 

キャンディ・キャンディ FINAL STORY(その3)

この小説には、大おじさまの忠実な秘書(執事?)、
ポーカーフェイスでクールなジョルジュの過去も書かれていますよ。

そして、少年の頃のアルバートさんが、なぜあんな格好をして、
あの日ポニーの丘に現れ、突然姿を消したのかという謎も解けました。
幼いキャンディが泣いているときに、あんなふうに突然王子さまが現れ、
バッジだけを残して幻のように消えてしまうなんて、いかにも漫画!と思ってたけど、
ちゃんと理由があったんです。

謎が多かったアルバートさんについて、キャンディとの手紙のやりとりで
アードレー家の事情を含め、かなり解明されてスッキリしました。

そして、誰もが気になるところの「あのひと」ですが、
キャンディとアルバートさんの仲むつまじい手紙のやりとりを見ると、
養父と養女、兄と妹を越えたもっと親密なものを感じるので、
こりゃ、自然の成行きで二人はこのまま・・・って思えたりもします。
生まれてすぐ母を失くしたアルバートさん、年の離れた姉のローズマリーだけが呼んでいた
「ちっちゃなバート」という愛称をキャンディに教え、この愛称で呼ぶことを許しています。

テリィにはスザナがいるし、二人が結婚していれば、当然「あのひと」はアルバートさん。
ところが、そうは問屋がおろさない。
テリィとスザナは婚約はしたけど、その後結婚しないまま病気でスザナは亡くなりました。
キャンディがその記事を読んだ1年半後に、テリィからキャンディに手紙が届くのです。

物語の途中にさりげなく載せられている、たった一通だけのテリィからの手紙。
短いけれど「ぼくは何も変わっていない」という言葉が意味深で、
キャンディの心が動かされたことは確かでしょう。
この手紙に返事を出したのかどうかは、書かれていません。

「あのひと」が誰なのかを推測するには、ところどころにいくつかのヒントが出てきます。
キャンディは、「あのひと」と一緒に今イギリスで暮らしている。
ってことは、イギリス出身のテリィか?
いえいえ、テリィはブロードウェイの劇団で活躍してたはずだし、
アードレー家がイギリスに事業を拡大した(ロンドンの動物園でアルバートさんが
働いていたのは、その準備の為)ことを考えると、アルバートさんてこともありえる。
しかし、大総長がシカゴの本宅を離れていいものだろうか?

その他にもキーワードがあり、私の中ではたぶん〇〇だろうな・・・、と。

やはり、この余韻の残る終わり方は、漫画同様、名木田さんのうまいところです。
「あのひと」が誰なのかを明かさないことは、最初から決めていたことだそう。
曖昧に終わってしまったことがファンのモヤモヤを増長させ、
不満を抱かせたようですが、私はこれで良かったんだと思います。

テリィのファンは、テリィと結ばれたと思えばいいし、
アルバートさんのファンは、アルバートさんと結ばれたと思えばいい。
きっと、どちらの男性かをはっきりさせれば、それはそれで一方のファンがガッカリするでしょう。
漫画から30年以上経ったて、今更ファンの夢を壊す必要はないわけです。
そして、アンソニーファンをも十分に満足させる内容でした。
本の表紙もアンソニーのバラの門をイメージさせるもので、なんだか切なくなります・・・。

小説の中に散りばめられた名木田さんの美しい表現力、
しかし、キャンディ・キャンディは文字だけじゃなくて、いがらしゆみこさんの絵があってこそ
よりいっそうキラキラと輝くのだと思います。
一日も早くお二人が和解することを願っています。


誰かと『キャンディ・キャンディ』について話したくて、でも話す相手もいないので
ブログに書くことにしたのですが、予定外に長くなってしましました。
ひとつひとつの場面や台詞を暗記するほど、何度も何度も繰り返し読んだ
思い入れのある大好きな漫画ですから、本当はもっともっと書きたいことが沢山あります。
でも、キリがないのでこの辺で・・・。

(おわり)


[PR]
by joko_tak | 2011-08-13 01:28 | お気に入り

日々のしょうもない出来事を、“ほろ酔い気分”で書き連ねます
by joko_tak
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

お気に入りブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな