ほろ酔いPhoto日記 novo 

現地の人が大激怒!?『あいのり』ボスニア編

ああ・・・、やっぱりこんなことだったのね。

同じ日本人として恥ずかしくなると共に、悲しくなります・・・。

Mic'oさんが書かれていた、『週間ポスト』に載っているという記事、
遅ればせながら、本日本屋で立ち読みしてきました。

『あいのり』メンバーが、スレブレニッツァの墓地ではしゃいでいた、
という信じられない行為の他にも、いろいろありましたね~。

この記事は、今回のボスニア編のコーディネーターのセルビア人親子の告発によるもので、
彼らをあきれさせるどころか、かなり怒らせています。

戦争体験者への取材は、私が想像していた以上に酷いものだったようです。

それもそのはず、メンバーだけならともかく、番組スタッフがボスニアについての勉強を
まったくせずに、ただ「悲惨な状況と会話が欲しい」という意図から行ったことらしいのです。

サラエボでは、1時間という約束でありながら、メンバーが無関心で会話が続かない為、
結局3時間にも及ぶ長い取材になってしまったとか・・・。
おばあさんが取材をやめてくれとお願いしたにもかかわらず、取材強行。
戦時中に生まれた母親を内戦で無くした14歳の義足の少年が、
取材に耐え切れずパニックを起こし泣き出したのを、
ディレクターは喜んでその姿をカメラに収めていたそうです。
コーディネーター兼通訳は、イスラム教徒の少年の母親を殺したセルビア人だというのも、
彼にとっては辛いことだったに違いないというのに・・・。

ディレクターにとっては、『あいのり』という番組をおもしろく作り上げることが第一。
少年の戦争による深い心の傷や、トラウマにまで考えを及ばす心配りは、
全く持ち合わせていなかったようです。

墓地で女性メンバーがはしゃいでいたのを他のメンバーが止めなかったというのも、
耳を疑う話ではありますが、番組スタッフではなくコーディネーターが注意したというあたりも、
番組&スタッフの真価が問われるところですね。

そればかりか、泊まっていた宿のおばさんまでも怒らせています。
ディレクターと女性メンバーの淫行です。
信じたくないことだけど、もしこれが本当だったら・・・。
視聴者を完全に裏切っているとしかいいようがない。

ボスニアの現地の人達は、「日本人にはもう二度と来て欲しくない」というほど、
彼らの行いに激怒しているそうです。
彼らのせいで、日本人すべての印象が悪くなってしまったってことですよね。

まあ、これはあくまで『週間ポスト』の記事ですから、どこまで本当なのか
その信憑性も疑われるところですが・・・。

実際、この記事に対して、異論を唱えている人もいるようです。

どこまで信じるか信じないかは、番組を見るのと同じで、記事を読む人の判断次第。
私はもう暫く、番組の成り行きを見守りたいと思います。

「真実の愛」については、“やらせ”というより、“編集”に問題があるようね。
[PR]
by joko_tak | 2006-08-12 21:31 | 旧ユーゴ

日々のしょうもない出来事を、“ほろ酔い気分”で書き連ねます
by joko_tak
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

お気に入りブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな