ほろ酔いPhoto日記 novo 

カテゴリ:教習所( 7 )

ペーパードライバー教習

そろそろ本当にヤバイ状況です。
このままでは、どんどん退化していってしまう。

今年のGWには、ちょっとした買い物には車で出かけたい。
もちろん、自分が運転して・・・。

というわけで、ペーパードライバー教習を受けました。
身内だと、あれこれダメ出しばかりで怒られることの方が多い為、
お金を払ってきちんと教わることにしました。

教習所だと予想以上に高額なので、なるべく安く教えてもらえる
個人でやってるところをネットで探しました。
出張して来てもらえるというので、それも大助かり。

免許を取って数回運転して以来、ずぅ~~~っと遠ざかっていたので、
練習場のコースの中から始めないとダメかもしれない。
AT車だというのに、基本操作さえ忘れてしまっているのだから・・・。

そんな心配をよそに、お迎えの場所から早速運転席に座らされ、運転してくださいとのこと。
エ~~~ッ、いきなりここからって、そんなの無理ですってば!
もうちょっと、交通量が少ないところからお願いしたい。

しかし、先生は「大丈夫ですよ」と、いたって楽観的。
基本操作を簡単に教えてもらった直後に、いきなりぶっつけ本番となりました。
初心者マークなし。しかも、駅に近いある程度交通量がある道路を・・・(汗)

「最初は、なるべく交通量が少ない道をお願いします」と頼んで、恐る恐る発進。
左折、右折も久しぶりの為、緊張しまくりです。
しかし、真っ直ぐな道は、思ってたよりブレずにちゃんと走れるものですね。
交通量が比較的少なく、人通りのない道路をスピードに乗って走っているうちに、
30分から1時間もすると、だんだん感覚が戻ってきました。

今日の教習は1日で3時間のコース。
電話申し込み時に教官の方がいうには、私のブランクでは1日やれば十分とのこと。
私自身は、経験よりもブランクの方が長い為、当初2日は必要だと半信半疑でしたが、
けっこう思い出せるもののようで自分でもちょっと驚きました。
教官が隣に乗っているという安心感があるのと、
多少「あっ!」と思うようなことがあっても、怒らず冷静に教えてくれる、
というのがいいのかもしれない。
これが兄貴だったら、「バカ!」の連発だもんな。

この分なら田舎では、隣に誰かがいなくても、なんとか一人で大丈夫そう。
ただし、方向音痴、道を憶えられないというのが大問題なので、
会津若松とかのような大きな町中を、一人で運転するのはまだまだ無理そうですが・・・。
あとは、混んでる駐車場もまだ自信がない・・・。
[PR]
by joko_tak | 2010-04-24 21:02 | 教習所

一発屋

今、岡山で合宿中の、も○ぺちゃんの日記で思い起こされることが多々あります。

私が車の運転免許を取る時は、世間一般でいうような教習所ではなく
プライベートでおじさん一人が教えてくれる教習所に通い(?)ました。
運転の教習だけ(学科は自分で勉強)の為、格安価格で免許を取れるというわけです。
私のような年齢的にハンディのある女性でも、年齢の半分の金額で免許取得が叶いました。

こういう人達の為に、自動車教習所のコースとは別に、貸しコースというのがあります。
私は、住んでる所まで教官のおじさんに送迎してもらい、浦和のコースまで通ったものです。
そこで、試験に受かる為の運転というのを、みっちり教わりました。

というのは、警察がやってる試験場で仮免から試験を受けることになる為、
教習所で試験を受けるよりも、数倍厳しいというからです。

だというのに、試験場での仮免試験には、実に様々な人が来ていましたよ。
私のように、一応きちんと教官に指導を受けて来ている人もいれば、
免停くらって再度免許取り直しで来ている人がけっこういたし、
いわゆる一発屋という人が、本当にいることも知りました。

その中で、印象に残っている人達をちょっと紹介。

------------------------------------------------------------------------

◆私
カチンカチンに緊張してしまい、普段どおりの実力を発揮できず、
信じられないようなボンミスで、減点どころかその場でアウト!
次回は、それ以上に緊張し、腕が震える始末・・・。(けっこう小心者)

------------------------------------------------------------------------

◆中国人
普段自分のお国出身の人から母国語で指導してもらっているせいで、
試験当日、試験管が指示する言葉を理解できない。

------------------------------------------------------------------------

◆免停くらったオジサン達
運転暦が長い為、運転技術にはかなりの自信あり。
しかし、試験合格用の運転を知らない為、本人が納得いかないまま何度も不合格。
こんなベテランなのに、中には4~5回目でやっと合格の人もいる。
今回合格できなかったら、教習所に通おうと思ってた、なんて人も・・・。

------------------------------------------------------------------------

◆全くの基本知らず、身の程知らずの一発屋青年
発車の段階から基本をムシしまくりだったが、いざコースに出ると、
いきなりセンターラインを跨いでラインを車のセンター位置にして走行。
(センターラインの意味間違ってないかい?)

右折の指示にも、一向に右折レーンに入る気配なし。
信号機の直前でいきなり右折レーンに入り込んだかと思うと、無理やり右折。
優しい試験管だったせいか、厳しい人ならとっくに不合格の烙印押されてるはずなのに、
それでもけっこう走ってから、スタート位置に戻された。

おいおい、今のままじゃ、何度来ても絶対に合格できないよ。と他人事ながら心配に・・・。
だって、あまりにも基本中の基本、初歩的なことを何も知らないんだもの。
これで試験を受けに来る勇気に、ある意味頭が下がった。
で、結局彼は、何回目で合格できたのかな?
私の前があまりに酷い彼だったお陰か、晴れて私は仮免合格!

------------------------------------------------------------------------

【その他の面白エピソード】
------------------------------------------------------------------------

◆教習所の教習車が外車
ジャガーを売り物していた教習所(今はもう潰れた?)で習ったのはいいが、
いざ本免の試験に行ってみると、試験場の車のウィンカーのレバーが逆。
ウィンカー出すつもりが、ワイパー動いた・・・。

------------------------------------------------------------------------

◆何度やっても学科試験に受からない
学科試験に合格しないことには、先に進めない。
私と同じ教官に教わっていた十代の青年。
教科書を渡されたはいいが、授業はないのでどうやって勉強していいかわからない。
10回くらい落ちて、とうとう教官から学科を教わることに。

しかし、その日一人で練習していた私のタイヤに、釘(?)が刺さって走行中に異音が・・・。
その処理に追われた教官、彼の学科の面倒を見ているどころではなくなってしまった。
(私は別の車で練習できたけど・・・)
ゴメン、次の試験合格できた?一応、試験勉強のコツを教えてあげたよね。
(自慢じゃないが、私は学科試験に関しては、仮免・本免共に一発で合格)

その後何度目かは知らないが、やっとのこと学科が受かった後の彼、
技能試験は私よりもラクに行けちゃったらしい。
人には得手不得手があるのね。
あ、でもまた、本免の学科に苦労したことが予想されるけど・・・(~_~;)

------------------------------------------------------------------------

◆年齢詐称?
本免受けにきていた、私の隣の席の女性。
ちらっと受験票をのぞいたら、生年月日と年齢が合ってない。
どう見たって私より年上のはずなのに、私より若い年齢が記入されている。
あまりにもガチガチに緊張している様子なので、そっと教えてあげると慌てて訂正。
実年齢より、10歳若く年齢を書いてしまっていた。
生年月日は正しく書けたのに、なぜに年齢だけ・・・?
普段から、10歳若くサバよんでるとか?まさかね。

------------------------------------------------------------------------


まあまあ、この他にもいろんなエピソードを自分で見たり、教官から聞いたり・・・。
思い通りに上手くいかないのは、自分だけじゃないんだとわかると
重く沈んだ心が幾分軽くなったものです。

試験場により、コースは難しいけど試験管は優しい、
コースは簡単だけど試験管が厳しいなど、いろいろな条件があるようです。
私は後者で仮免試験を受けましたが、その中でも試験管の当たり外れもありました。

仮免試験受けに行ってる時に、同じように苦労している人達と話すのも、
自分ひとりで落ち込むよりは、また勇気付けられたものです。

今じゃ懐かしい思い出だけど、もう二度とあの体験はしたくない。
免許の更新忘れたり、免停喰らったりしないように気をつけなきゃな~!

※【まとめて訂正】 試験管⇒試験官 (変換誤りです)
[PR]
by joko_tak | 2009-06-19 21:36 | 教習所

最高記録

今日の教習帰りの車の中、教官から面白い話を聞きました。
教官が今まで教えた人達の最高記録の話です。

こんなこと、ここに書いていいのかわからないけど、
名前までは知らないので書いちゃいます。

◎技能試験を何回受けて合格したかの最高記録 : 仮免7回、本免7回

 ・当時大学生の男性
 ・仮免学科は2度目で合格したらしいけど、とにかく運転は止めとけって人だったらしい
 ・運転中に幻覚を見るような危険な人だった
 ・自分から諦めるのを待っていたが、諦めかけては再度チャレンジ、結局は免許取得
 ・免許は取得したものの、教官から見れば危ないこと極まりないので
  「運転は絶対にするな」「免許証は身分証明書として使いなさい」と念を押した
 ・その後、彼の姉が教習に通うことになり、彼女から聞いた話では、
  案の定、彼は大事故を起こし、車を大破させたらしい
 ・その姉というのは売れっ子漫画家、車の免許取得には本当は興味がない
  忙しすぎて、仮免学科試験を受けにいく時間も、今じゃ教習に通う時間もないらしい

◎免許取得までに費やした教習時間最高記録 : 73時間
 
 ・資産家の令嬢、当時42才独身
 ・とにかくプライドが高くて、何か言うとすぐに機嫌を損ねる
 ・資産家なのだから、お金をかけて公認の教習所に通えばいいのに!と思うところだが、
  彼女の性格ではそこではうまくやっていけなかったらしい

 と、ここで時間切れとなった為、この続きは聞けませんでした。

それにしても、いろんな人を教えてるんですね~。
こういう人たちの話を聞くと、私はまだマシかな・・・、と勇気付けられるわ。
いくら“年配”で反射神経の鈍い私でも、流石に最高記録更新とまではいかないと思う。

でも、雨の中での今日の練習、あんまり納得できなかったのよねぇ。
今週末の昼間の練習が鍵になりそうだわ。
  
あ、それとこの間の訂正。
日本一交通事故の多い都道府県は埼玉ではなくて、北海道でした。
埼玉は2位か3位だそうです。
でも、試験が厳しいことではかなり有名みたいで、それに比べて東京は
なんとか合格させてあげたいという、優しさが感じられるとか。

お願い、その優しさで私には甘い点つけて~!
[PR]
by joko_tak | 2006-06-28 23:17 | 教習所

実践練習

午前中、鮫洲の試験場へ行って練習しました。

プライベートで習っている場合、試験場まで行って試験を受けなきゃいけないわけで、
東京では鮫洲か府中の2箇所になります。

私は、コースの地図を見せてもらって即、鮫洲で受験しようと決めました。
だって、広くて複雑な府中に比べたら、鮫洲のコースは狭くて単純なんだもの。
その代わり、鮫洲の方が厳しいらしいんだけどね。

東京以外の県では(全部かどうかは知らん)、学科が受かれば
同日の午後に技能試験も受けることができるのですが、
東京では、学科が受かってから、別の日に技能の予約を入れなきゃいけません。
これがけっこう混み合っていて、すぐに技能試験とはいかないのです。
せいぜい1週間待ちくらいだろうと思っていたら、なんと私の場合は最短で2週間後。

試験場での練習の予約を6月24日で取ってあるというのに、
これじゃあ、試験までに間が空いちゃうじゃん!
コースの感覚忘れちゃうよぉ~~!!
(東京では、試験前に実際に試験場を借りて、土曜日に練習することができるのだ)
翌週の7月1日に変更してもらおうとしたけど、その日は工事かなんかで試験場が休み。
ってことで、本日予定通り、試験場での練習となったわけです。

はっきりいって、私の技能レベルは試験場で練習するにはまだ早すぎる。
と、思います。
だって、コースを通しての練習って、まだちょっとしかやっていないんだもの。
なもんだから、仮免試験で一番大事な、「前後左右の確認」という演技が
なかなか出来ないのよね。
これ、もしかしたら私にとっての一番の課題かも・・・。
教官に何度も注意されました。

普段の練習で、隣であれこれ言われたら、萎縮してよけいにできなくなってしまうんだけど、
なぜか今日はそうはならなかったのよね。
初めて走る所だからっていうせいもあって、気が大きくなっていたのかな?(普通は反対?)
教官にいつも以上に、なんやかんやと注意されっぱなしだったのに、
自分の失敗が可笑しくて笑ってばかりいたら、
「楽観的でいいな~。私だったら、他の車にぶつかるんじゃないかと心配になるけど・・・」とか
「漫才やってるんじゃないんだから・・・」とか、言われてしまいました。^^;

ま、こんなんでも、1時間の練習のうちに、けっこうコースの感覚は掴めました。
あと1時間くらいここで練習できたら、かなりモノになるのにな~、って感じ。
あ、これは教官に言われたわけではなく、あくまで自分で思ってるだけなんだけどね。

この感覚、なんとか本番の試験までに忘れずにいたいものだわ。

因みに、埼玉県は日本一交通事故の多い県だそうで、
その分仮免の技能試験もかなり厳しいそうです。
試験場は鴻巣、何度も落とされたら、はるばる鴻巣まで足を運ぶのも大変だ~!
[PR]
by joko_tak | 2006-06-24 23:07 | 教習所

やったね!

仮免の学科試験を受けに行ってきました。

結果は当然のことながら(?)、一発で合格!(^_^)V

ネットで引っ掛けの多い問題集ばかりやっていた私からすれば、
本番の問題はかえってストレートで、予想より簡単に感じました。

それなのに、ちょっとビックリしたのは、その合格率です。
今回についていえば、仮免の学科を受けた人は5人だったようで、
そこで合格したのはたった2人だけ。

そして、同じ部屋で受験したその他大勢の人達というのは、どうらや原付の人らしく、
後でそれに合格したおっさんが勝手に話しかけてきて言うことには、
20人くらいいて13人は不合格だったそう。

それって、合格率約3分の1ってこと?!
3分の1が不合格ならまだわかるような気もする。
受かる人の方が少ないっていうのはどういうこと?
ズバリ、勉強していない!とか、勉強方法を間違った!とかしか言いようがない。

な~んて、偉そうなこと言ってるけど、実際自分が何点で受かったのかはわからない。
合格者には点数を教えてもらえないからね。
もしかしたら50問中スレスレ45問だったかもしれないし、
楽勝で49問は当たってたのかもしれない。(1問間違ったのは確実)

あまりここで豪語すると、技能試験になかなか受からない時に困るので、
とりあえず、これをもって合格報告とさせていただきます。

技能試験がいつかは、内緒・・・。
(予約が混んでるから、かなり先)
[PR]
by joko_tak | 2006-06-23 00:03 | 教習所

愚痴

今日も教習所に行ってきました。

最近思うこと・・・。

教官が隣に座ってあれこれ言うと、気が散って集中できない。
一人で乗るより、かえって注意散漫になる。
降りてどっかへ行ってほしい。

私の場合、2度目の教習の時から、教官なしで一人で運転してたものだから、
その気楽さ、自分で判断しながらコツを覚えていくというのに慣れてしまったせいか、
教官が隣でいちいち事細かに説明していると、
それに気をとられて判断力がにぶってしまうのよね。

それでまた何か言われて、それを聴いていると別のことが見えなくなる・・・、の悪循環。

前回、最後の10分くらいでクランクの練習をしました。
最初は説明を受けながら見本を見せてもらい、次に私がやった時、
当然のことながら1度で出来るはずはなくミスしてしまいました。
それで怒られ、あと2回くらい隣でああだこうだ言われながらやって
またしてもうまくできなくて怒られ・・・。

あのね、たった一度の説明でうまくできたら、教習所に通う必要なんかないでしょうが!

それで、今日もいきなりクランクから始まり、また1度でできなくてあれこれ言われ・・・。

あのね、教官、あなたはベテランだから簡単に言うけど、
口で説明されたことをそのまま次にできたら、教習所に通う必要なんかないでしょうが!

今日も、途中から教官が降りてくれたら、なんとなくコツがわかってきました。
道端に立っていろいろ言われると、ハンドル捌きがズレてしまい、
教官が見ていないところでは自分なりに考えてうまくいく・・・。

そうそう、いつもは最後に練習用の車を戻す時、教官がバックして戻すんですが、
今日はいきなり私にバックで戻せと言われました。
そこは、砂利で少し傾斜のある場所、他の車が何台か止まっていて、
その隣に私が車を並べるわけです。

慣れてる人には簡単にできることでしょうが、バックの練習さえしたことのない私に
いきなりそれをやらせるか?!
でもって、1度でうまくできなかったからと、またしてもあれこれ言われ・・・。


私は普通の教習所というものを知りません。
たぶん、私の教官はそういうところの教官に比べたらずっといいと思います。

でも、B型の自由人の私からすれば、隣でアレコレ指図されるのはうっとおしい。
初めてのことを、1度の説明でうまくやれと言われるのには納得いかない。

こういう私、どうすればいいんでしょうか?
「教官、あなたがいると気が散るので、どこかへ行っててください」
とでも言えばいいんでしょうか・・・?
[PR]
by joko_tak | 2006-06-16 23:02 | 教習所

今更ながら・・・

昨日から自動車教習所に通い始めました。

去年から兄に免許を取るように言われていたのだけれど、
この年になってから免許を取るということは、それなりにお金もかかるわけで・・・。
そんなこんなでダラダラしているうちに、あっという間に1年が過ぎてしまいました。

ようやく重い腰を上げる気になったのは、同僚のWさんから紹介してもらった
自動車教習所が、信じられないくらい激安だったから。

実は、その教習所の話を聴いてからも、半年くらいたっているんだけど・・・。(汗)

で、最近またその話題が出るようになり、仕事も落ち着いている今のうちに
「よし、そろそろマジで通い始めよう!」となったわけです。
だって、もうすぐ梅雨に入るし、夏になると夏バテするし・・・。

さて、初日の昨日はどうだったかというと・・・。

いや~、車の運転て楽しいですねぇ。

Wさんから「大丈夫、大丈夫!」とか「楽しいよ~!」とか
楽観的な話ばかり聞いていたせいか、私自身もすごく楽しみにしていたので、
その延長で気楽に運転できてしまいました。

走ったのは1時間だけだったけど、けっこう自分でもイケてるんじゃない!?
と思ったとおり、教官からも◎というお褒めの言葉を頂きました。(^。^)y
まあ、最初だから、コースをただグルグル廻るだけだからね。

短期集中で通って、早いとこ免許取得といきたいわ。
[PR]
by joko_tak | 2006-06-04 12:07 | 教習所

日々のしょうもない出来事を、“ほろ酔い気分”で書き連ねます
by joko_tak
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

お気に入りブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな