ほろ酔いPhoto日記 novo 

カテゴリ:お気に入り( 90 )

キャンディ・キャンディ FINAL STORY(その3)

この小説には、大おじさまの忠実な秘書(執事?)、
ポーカーフェイスでクールなジョルジュの過去も書かれていますよ。

そして、少年の頃のアルバートさんが、なぜあんな格好をして、
あの日ポニーの丘に現れ、突然姿を消したのかという謎も解けました。
幼いキャンディが泣いているときに、あんなふうに突然王子さまが現れ、
バッジだけを残して幻のように消えてしまうなんて、いかにも漫画!と思ってたけど、
ちゃんと理由があったんです。

謎が多かったアルバートさんについて、キャンディとの手紙のやりとりで
アードレー家の事情を含め、かなり解明されてスッキリしました。

そして、誰もが気になるところの「あのひと」ですが、
キャンディとアルバートさんの仲むつまじい手紙のやりとりを見ると、
養父と養女、兄と妹を越えたもっと親密なものを感じるので、
こりゃ、自然の成行きで二人はこのまま・・・って思えたりもします。
生まれてすぐ母を失くしたアルバートさん、年の離れた姉のローズマリーだけが呼んでいた
「ちっちゃなバート」という愛称をキャンディに教え、この愛称で呼ぶことを許しています。

テリィにはスザナがいるし、二人が結婚していれば、当然「あのひと」はアルバートさん。
ところが、そうは問屋がおろさない。
テリィとスザナは婚約はしたけど、その後結婚しないまま病気でスザナは亡くなりました。
キャンディがその記事を読んだ1年半後に、テリィからキャンディに手紙が届くのです。

物語の途中にさりげなく載せられている、たった一通だけのテリィからの手紙。
短いけれど「ぼくは何も変わっていない」という言葉が意味深で、
キャンディの心が動かされたことは確かでしょう。
この手紙に返事を出したのかどうかは、書かれていません。

「あのひと」が誰なのかを推測するには、ところどころにいくつかのヒントが出てきます。
キャンディは、「あのひと」と一緒に今イギリスで暮らしている。
ってことは、イギリス出身のテリィか?
いえいえ、テリィはブロードウェイの劇団で活躍してたはずだし、
アードレー家がイギリスに事業を拡大した(ロンドンの動物園でアルバートさんが
働いていたのは、その準備の為)ことを考えると、アルバートさんてこともありえる。
しかし、大総長がシカゴの本宅を離れていいものだろうか?

その他にもキーワードがあり、私の中ではたぶん〇〇だろうな・・・、と。

やはり、この余韻の残る終わり方は、漫画同様、名木田さんのうまいところです。
「あのひと」が誰なのかを明かさないことは、最初から決めていたことだそう。
曖昧に終わってしまったことがファンのモヤモヤを増長させ、
不満を抱かせたようですが、私はこれで良かったんだと思います。

テリィのファンは、テリィと結ばれたと思えばいいし、
アルバートさんのファンは、アルバートさんと結ばれたと思えばいい。
きっと、どちらの男性かをはっきりさせれば、それはそれで一方のファンがガッカリするでしょう。
漫画から30年以上経ったて、今更ファンの夢を壊す必要はないわけです。
そして、アンソニーファンをも十分に満足させる内容でした。
本の表紙もアンソニーのバラの門をイメージさせるもので、なんだか切なくなります・・・。

小説の中に散りばめられた名木田さんの美しい表現力、
しかし、キャンディ・キャンディは文字だけじゃなくて、いがらしゆみこさんの絵があってこそ
よりいっそうキラキラと輝くのだと思います。
一日も早くお二人が和解することを願っています。


誰かと『キャンディ・キャンディ』について話したくて、でも話す相手もいないので
ブログに書くことにしたのですが、予定外に長くなってしましました。
ひとつひとつの場面や台詞を暗記するほど、何度も何度も繰り返し読んだ
思い入れのある大好きな漫画ですから、本当はもっともっと書きたいことが沢山あります。
でも、キリがないのでこの辺で・・・。

(おわり)


[PR]
by joko_tak | 2011-08-13 01:28 | お気に入り

キャンディ・キャンディ FINAL STORY(その2)

ところがこの小説、期待が大きい分だけ読んだ人の感想はイマイチなよう。

漫画の頃からのファンにとっては、当然のことながら漫画の続編を期待します。
ところが、この小説は30代になったキャンディの回想であり、
既に愛する人と結婚している(らしい)けど、その男性が「あのひと」として語られていて
それが誰であるのかはっきり明記されていないのです。

ってことなので、私は図書館から借りてあんまり期待しすぎないようにして読みました。

上巻と下巻の途中までが、回想録。
(ポニーの家、レイクウッド、ロンドンのセントポール学院まで)
下巻の途中から最後までが、キャンディが出会った人々との手紙のやりとり。
(記憶をなくしたアルバートさんと、看護婦になったキャンディとの生活とのことは、
手紙の中でところどころ出てくる程度。)

最後の著者のあとがきによると、漫画から30年以上も経っているし、
過去に何度か小説化しているので、この小説は漫画の続編ではなく、
全面的に書き直した大人の為の真実の愛の物語なんだそうです。

なので、ところどころ漫画とは違っていたりします。

例えば、キャンディが丘の上の王子さまと出会うのは、
漫画では、アニーがブライトン家の養女になってしばらくしてから届いた
「さよなら、キャンディ。わたし孤児院にいたことをお友達に知られたくないの。」
というアニーからの最後の手紙を読んで泣いていたときのこと。
でも、この小説では、アニーがもらわれて行った日に王子さまと出会うことになっていて、
最後の手紙が届いたのは、養女になって6年もたってからのことです。

一番残念なのは、キツネ狩りの日のアンソニーの最後の言葉と、
丘の上の王子さまが正体を明かす場面での言葉が変えられてしまっていること。
ファンはこの場面での台詞を、頭の中にしっかりと記憶しているから、
これは私ならずとも、かなりガッカリ度が大きいのでは?
ここだけは、変えちゃいけなかったと思うのですが!

まあ、こんな風にあちこち違っちゃったりするのですが、
漫画にはなかったことも沢山書かれていて、嬉しいこともあるのです。

まずは何といっても、アンソニーのこと。これでもかって程、書かれてます。
キャンディはずっと何年も後まで、アンソニーに対する想いを引きずっていました。
テリィを愛するようになってからも、その想いは変わらず、
それと同時に、アンソニーが亡くなったのは、アードレー家の養女になった
自分のせいだという苦しみをずっと胸に抱えていました。

アンソニーのバラのことも、アンソニーの母でありアルバートさんの姉である
ローマリーのことも、漫画には描かれていなかったことが、この本には沢山出てきます。
大おじさまであるアルバートさんもまた、キツネ狩りを指示したのは自分だと、
甥を亡くした苦悩と自責の念を抱えていたということもわかりました。
しかし、よく考えれば、動物を愛するアルバートさんが、なぜキツネ狩りなんて・・・?
などという矛盾を指摘してはいけませんね。

キャンディはいろんな人に手紙を書いていますが、アンソニーにだけは書けません。
テリィには出せない手紙を何通も書いていたし、戦争で亡くなったステアにも心の中で
何通もの手紙を書いていたのだけれど、アンソニーにだけは書けなかったと・・・。
でも、この小説の最後は、アンソニーへの手紙で〆られています。

アンソニー派だった私にとっては、こんなにもアンソニーのことをキャンディが
心の中で大切に思っていたことがわかり、とっても感激しました。
(簡単にテリィに心変わりしたわけじゃなかったのね。)
それと、レイクウッドに誰も住まなくなってからも、アンソニーのバラは
ラガン家の庭師だったホイットマンさんが、ちゃんとお世話してくれていたそう。

あ、アンソニーが品種改良したスウィートキャンディの色も、白からピンクになっちゃってます。
これも白のまま変えないでほしかったな。
白バラを見るたび私は、スウィートキャンディって呼んでたほどですから。


(その3につづく)


[PR]
by joko_tak | 2011-08-11 07:12 | お気に入り

キャンディ・キャンディ FINAL STORY(その1)

長らくご無沙汰しておりました。
で、久々の記事が『キャンディ・キャンディ』です(~_~;)

偶然に目にした『キャンディ・キャンディ』を話題にしたwebサイトから、
昨年の秋に『小説 キャンディ・キャンディ FINAL STORY』というのが
出版されたことを知りました。
もちろん著者は、漫画の原作者の名木田恵子(水木杏子)さん。

それで、実家に置いてあったコミックス『キャンディ・キャンディ』全9巻を
久しぶりに一気に読破しました。
いがらしゆみこさんとのいざこざ以来、残念ながら『キャンディ』に関する出版物は
全て絶版となってしまい、今ではとても貴重なものとなりました。
(この本がこんなに貴重品になるとは予想だにしなかった20年以上前に、
「捨てるつもりだからあげる」という友人からもらったものなのですが・・・。)

この漫画は、低年齢層向けの『なかよし』に連載されていた作品ですが、
リアルタイムで読んでいた子供の頃から、大人になった今でも、
何度繰り返し読んでも数々の場面で感動し、
読み終えた後に残る余韻で胸がせつなくなります。

アンソニーと死に別れ、その後出会ったテリィとも愛し合っていながら別れなければならず、
そんなとき側にいてくれたアルバートさんと兄妹のような愛情が芽生え・・・。
ウィリアム大おじさまと丘の上の王子さまの正体がわかったところで、物語は終わります。

当然、ファンの中では、その後の展開が気になるところ。
キャンディはいったい、誰と結ばれるの?と。

漫画のラストシーンから想像するに、アルバートさんと穏やかな愛を育むのか・・・?
いや、テリィ派の人にとっては、あんなおじさんとくっつくなんて納得いかないようで・・・。
(おっさんといったって、今にして思えばまだ20代。キャンディより10歳年上なだけ。)

日本国内ばかりか海外にもキャンディ・ファンがいて、
ファンによってその後の物語がいくつも書かれています。
たいていは、テリィと・・・っていう展開になるよう。

う~ん、アルバートさんファンの私にとっては、波乱万丈なテリィとの激しい愛を取るより、
大人のアルバートさんと一緒にいる方が、安心していられるぞ、と思うのですが・・・。

そこで、原作者による『キャンディ・キャンディ FINAL STORY』に期待が膨らむわけで。
FINAL STORYってくらいだから、ついにキャンディのその後が書かれているのね、と。

キャンディは、果たして誰と結ばれるのでしょうか???


(その2につづく)


[PR]
by joko_tak | 2011-08-10 08:08 | お気に入り

ライブ&想定外

なぜか朝帰りです・・・。

昨夜は、『福の歌』のaveさんのライブを、聴きに行ってきました。

題して、【東京もaveが元気にすっぺ2daysライヴ!!つって】
会場は、東中野のダイニングバー「こ卯さぎ亭」。

他の出演者は、2人組ユニット「雲ノ子」とソロシンガーの「だいじゅ」さん。
今回の主役はaveさん、そして企画は「雲ノ子」だそうです。
(因みに、雲ノ子の一人は喜多方出身。福島人多いです。)

福島から上京したaveさんの生歌はもちろん、他の人の歌もすごく良かったし、
とてもアットホームな雰囲気で、笑いあり涙あり、とにかく楽しかったです。
ライブの後には、そのまま「こ卯さぎ亭」で、聴衆交えての打ち上げパーティーも。

打ち上げがあること自体、既に予想外だったけど、この後がもっと・・・。
打ち上げが始まったのが、10時過ぎ。
まあ、つまりご想像の通り、終電を逃してしまったんですね。
(この時間、電車の本数が減らされているのを忘れてた。)
で、同じく終電を逃したミュージシャン、スタッフの方と、朝まで飲み明かしたというわけです。

3組のミュージシャン、スタッフの女性に混じり、なぜかそこに私が・・・。
みんなして不思議がっていました。はい、私自身も不思議な展開です。
まあ、これも「想定外」ってことで・・・(~_~;)

歌聴いて、一緒にお酒飲んで、いっぱい笑わせてもらって、お蔭で沢山の元気をもらいました。
aveさんから、震災後の福島での活動の話も聞けました。
皆さん、ありがとうございました。
またライブがあれば、聴きに行きます。

あ、今日も東中野で2daysライブの2日目あります。でも、チケット売り切れらしいですけど。


ライブの写真は、こちら ↓ に載せてます。
『アートな気分で田舎とふれあおう』
[PR]
by joko_tak | 2011-04-16 12:03 | お気に入り

福島が好き

猪苗代湖ズの『I love you&I need youふくしま』。
一度聴いたら、耳から離れない。何度も何度もリピートします。

こちら↓は、福島の風景を集めたヴァージョンです。



今はもうなくなってしまった景色も、またいつか元に戻る日を信じています。
[PR]
by joko_tak | 2011-04-07 21:25 | お気に入り

I love you& I need you ふくしま

47都道府県出身の47人が、福島を応援して歌ってます。

知ってる顔が何人も出てきます。
特に、大阪人・鶴瓶師匠がいい味出してますね。
福島人・西田さんの表情がなんともいえない。

歌詞は特に感動するようなものではないはずなのに、なぜか涙が出ちゃう。
(初めて聴いたとき、あまりに「福島、福島」と連呼するので恥ずかしくなってしまった。)

他の東北や茨城の人からのメッセージも嬉しいです!
みんなで力を合わせて、東日本復興の為に頑張りましょう!!



猪苗代湖ズの『I love you & I need you ふくしま』を、47人で唄いました。
それぞれの故郷を持つ僕たちも、心から応援しています。

この楽曲は、『TOKYO FM 携帯サイト』http://www.tfm.co.jpと、
PC用音楽ダウンロードサイト『OTOTOY』http://ototoy.jpで配信しています。

この収益の全額が福島県災害対策本部に寄付されます。
みなさんご協力お願い致します。

[PR]
by joko_tak | 2011-04-07 07:42 | お気に入り

癒しのハイジ

実家では、昔懐かしのテレビ番組のみを放送しているチャンネルがあります。

ここ数年、GWに帰省するようになってから、
毎年必ず見ているのが『アルプスの少女ハイジ』。

世界名作劇場は数々あるというのに、
なぜか毎年この時期に『ハイジ』をやっているのです。
しかも、特集で全話一気に放送してくれます。
全52話もあるので、1日では放送しきれない。
3日にわけて、朝9時から夕方6時まで、ビッシリ放送するのです。

今年は1日目を見逃してしまい、偶然チャンネルを合わせた2日目から見ることになりました。
デーテおばさんがアルムの山にやってきて、ハイジをだまくらかして、
フランクフルトへ連れて行ってしまうという回からです。

これを見始めたら、もう動けない。
用事は、一話一話の合間に急いで済ませます。

それにしても、『ハイジ』って、何度見てもあきることがないし、
私の中で一番好きなアニメといっても過言ではない。

それは、なぜなのか?
今回改めて考えてみました。

きっと、この物語に出てくる登場人物の殆ど全ての人たちが、
み~んな良い人達ばかりだから、見ていて嫌になることがないんだと思う。
主人公のハイジはもちろん、彼女を取り巻く人達に意地悪な人っていないんですよね。

おじいさんは偏屈で頑固者だけど、ハイジには優しく、とても可愛がってくれる。
金持ちのお嬢様クララも性格は悪くないし、クララのお父さんもおばあさまも良い人。
(他のお話なら、ここで主人公は冷たくされたり苛められたりしそうなのに、
このお話はそうじゃない)

ロッテンマイヤーさんは、とても堅物な人だけど、それでもハイジに意地悪して
あれこれ厳しく言っているわけではないし、アルムへ行った時の彼女の奮闘振りは
微笑ましくもありました。

クララのお医者様も、召し使いのセバスチャンも、ハイジの味方だし、
ペーターやペーターのおばあさんやお母さんも、みんなみんな良い人ばかり。

だからなのか、『ハイジ』を見ると、心が癒されるんですよね。
アルムの風景のきれいさ、みんなが人を思いやる心の優しさ。

すっごく感動して大泣きするような場面て、そんなにはないんだけど、
どの回もほんわか心が温かくなります。
見たばかりだというのに、またもう一度最初から見たいと思ってしまう。
全話DVDに録画して揃えたいくらい。
もし私に子供がいたら、見せたいアニメ№1!

あ~、久しぶりにスイスに行きたくなった。
デリフリ村のモデルの村へは行ったけど、ハイジの山の家へ登る途中
もう夕方だったので近道しようとして、トゲトゲの茂みにハマって断念してしまった。
それが今でも悔やまれます。
次の機会にまた行こうと思っていたら、それっきり・・・。

原作は、アニメとちょっと違うところがあるらしいので、そっちにも興味あり。
とりあえず図書館で探してみようかな。
『アルプスの少女ハイジ』 アニメと原作との違い

f0064192_2337991.jpg

[PR]
by joko_tak | 2010-05-11 23:45 | お気に入り

久しぶりの“ぶう”&ライブ

昨日は、“珈琲ぶう”で、ノマドwithホジさんのライブがありました。

ノマドは、ギター&ボーカルのshujiさんとボーカルの詩子さんの二人組みユニット。
“ぶう”でのノマドのライブは、今回で3度目とのこと。
(ホジさんは、パーカッションでゲスト出演)

私は昨日が初めてでしたが、ノマドのお二人の歌声、とてもステキでした。
特に、詩子さんの声が、なんともいえない響きで、うっとり・・・!

小さなお店での少人数のお客様だけの為のライブ。
これって、とても贅沢ですよね。

ライブが終わった後は、みんなでお喋り。
詩子さんは、石川県にお住まいで、彫刻の創作なんかもされているとのこと。
今回は、『日展』2年連続入選記念ライブでもあるんだとか?!

今迄、CMソングを何曲も歌ってるそうなので、
ノマドの歌声が流れていないか、今後はCMに耳を澄ませます。
[PR]
by joko_tak | 2009-11-27 07:36 | お気に入り

うれしいの~ぅ

今朝、突然のM尾のおっちゃんからの召集令状。

1月に、世界各エリアごとの旅日記を綴るブログを作ったのですが、
今度は日本での日記を綴るブログが欲しいとのこと。

今まで「アフリカ編」の旅日記に、帰国後の出来事も書き足していたので、
まあ、いつかは別の日記が必要になるだろうと思っておりました。

今日、いきなりお声がかかったのは、埼●PC会のM山さんが来るからとのこと。
おっちゃんのHPの管理をしてくださっている方です。

M山さんは10時から、私は掃除と洗濯を済ませてから行ったので12時頃から、
いつものことながら、昼間っから酒飲みながらの作業となりました。
途中で、M山さんのお嬢さんもお見えになりました。(酒は飲まなかったけど)
ブログ作る時間はわずか、あとはずぅ~っと何時間も酒飲みながら話していただけ・・・。

そして、出来上がったのがこちらです。
 『<バイクのM尾>ありのまま、日々の「うれしいの~ぅ」日記』

佐賀県嬉野市出身に引っ掛けとります。

M山さんが先に帰ってしまった為、今日はまだHPにリンクを貼っていませんが、
以後、こちらのブログもよろしくお願い致します!

f0064192_2322444.jpg

[PR]
by joko_tak | 2009-03-15 21:36 | お気に入り

ネットショッピング

便利な時代になりましたね。

実際にお店に行かなくても、日本中(世界中?)のものが、
家にいて買えるんだから。
しかも、店頭価格よりネット価格の方が安かったりする。

あ~、寒かった週末、出かけるのが面倒で、
ずっとPCの前に張り付いてしまったではないの・・・(-_-;)

本当は、実際にお店に行って、目で見て、手に取ってみて、
決める方がいいんだろうけどね。
その方が楽しいし・・・。

でも、店頭だと、他と比較しないでついつい衝動買いしちゃうこともあるけど、
ネットだとあれこれ調べて比較しまくるから、
滅多に衝動買いということはないかもしれない、私の場合。

実際の品物はお店で確認、で、安い値段でネットで購入ってのがいいのかな?

しかし、欲しいものが多すぎて、どれを優先したらいいのかようわかりません・・・。
[PR]
by joko_tak | 2009-03-02 07:44 | お気に入り

日々のしょうもない出来事を、“ほろ酔い気分”で書き連ねます
by joko_tak
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

お気に入りブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな