ほろ酔いPhoto日記 novo 

カテゴリ:旅行( 105 )

初出張

お初の出張でした。

場所は名古屋、お客様のところへの現地調査の立会いです。

地元の系列会社のおっさんやお兄ちゃんだけのお相手だけならともかく、
今回は営業代行としてのお客様対応あり。ちと緊張致しました。
が、なんとか無事終わってホッ!

名古屋といえば、名物はきしめんや味噌カツなど。

しかしお昼には、名物とは何の関係のないものを食べてしまいました。
一見豪勢に見えたお膳を頼んだのですが、味は特に美味しくもなく、
一緒に行ったおばさんと、「失敗だったね」とか「全然名古屋らしくなかったね」と後悔。

というわけで、一応名古屋に行ったからには名物を食べなきゃいけない。
仕事が終わってから味噌カツを食べてみました。

が、想像したほど美味しいものではなかった・・・。

ま、私たちが食べたものについていえば、味噌よりもカツそのものに問題あり。
だって、薄くて硬いんですもの。
それに、味噌ですから味が濃い。
いや、ごはんのおかずとしてならこれでいいんでしょうが、
うちら、お酒のおつまみとして頼みましたの。

他に頼んだおつまみも、なんだかな~って感じ。

ってことで、名古屋の印象は「美味しくない!」ということになってしまいました。

大阪まで行けば美味しいものがたくさんあるんだけど、
名古屋は中途半端な場所だからね~。
とかって・・・。

名古屋の皆様、ごめんなさい。
たまたま私たちが入ったお店がよくなかっただけなんですよね。

f0064192_0311485.jpg

[PR]
by joko_tak | 2006-05-20 00:24 | 旅行

モスクワ トランジット

ところが、融通がきかないのもロシアなのであります。

事前に旅行会社からもらっているフライトスケジュールだと、
モスクワ到着17:25、モスクワ発ベオグラード行き18:30。
乗り継ぎ時間は1時間5分あることになっています。

しかし、成田を離陸して間もなくの機内アナウンスでは、
モスクワ到着は17:40と言っておりました。
まあ、15分の差だからと、この時は特に気にとめていなかったのですが・・・

で、実際にモスクワに到着したのが、17:45。
そして、飛行機から降りるまでにも何分か待たされ、
結局トランジットのカウンターに行列する頃には18:00近くになっていました。

流石の私も、この頃には焦りが出てきました。(汗)
だって、なかなか列が進まないんだもの。

おいこら、仕事遅いぞ、ロシア人!!(怒)
(実はここで、乗り継ぎ搭乗券の発券をしているのです)

それに、その傍らで日本語で叫んでいる誰だか知らない日本人男性によると、
(帰りの便で、彼はアエロフローとの乗務員だと知る)
「プラハ、パリへお乗り継ぎのお客様は、○番カウンターへお並びください。
その他の都市へお乗り継ぎのお客様は、それ以外のカウンターへお並びください」
ってことなんだけど、ベオグラード行きについては何も言ってくれないのよね。
ベオの乗り継ぎ時間の方が早いはずなのに・・・。

私がチラチラ時計を気にしていると、私のすぐ前に並んでいた外人さんが
「急イデイルナラ、私ノ方ガタブン時間ガタクサンアルカラ先ニドウゾ」
と、片言の日本語で言ってくださいました。
お~、なんと親切で気の利いたお方、ありがとう!
ということで、更にその前に並んでいた日本人2組にも順番を譲って頂き(自分から)、
やっとのことカウンターへ辿り着きました。

するといきなり、無表情なお姉様に
「あなたはこの便を逃しました。
次のフライトは、明日の朝の9:25になりますので、
トランジットホテルに泊まってください。」

と、事務的に言われたのです。 Oh my god!(゜o゜)

えっ、どういうこと?!
高い金払ってトランジットホテルに泊まりたくないから、
1万円upした金額のチケットにしたっていうのに・・・。
(「行き先変更」を参照のこと)

少々パニクリながらも冷静によく考え、チケットを指差し
「まだ、このフライトまでには30分時間があるんですけど・・・」と言ってみました。
モスクワのシェレメチェボ空港って狭いから、乗り継ぎに時間はかからないはず。

すると、「このフライトの受付は既に終了しました」ですって・・・。
ガガ~~ン!

しかし、ここで引き下がってはいけないと、なんとか頼み込むと
席を立ち他のカウンターへ行き、電話で確認を取ってくれています。

ホッ、よかった~。
あっさり突っぱねられるかと不安だったけど、
一応そういうことしてくれる柔軟さは持ち合わせているわけね。

ホントは内心、かなり焦りながらも
「何よ、最初からそうすればいいじゃない!
私のせいで遅れたわけじゃないんだから。」

私に順番を譲ってくれた後ろの日本人老夫婦の方々も、何事かと心配してくれています。
事情を説明すると、やはり、「まだ30分あるのにね~」と・・・。

それで、念の為、連絡とってくれてるお姉様の方に向って
「私の荷物はこれだけです!」と叫んでみる。

そして、戻ってきたお姉様の言葉は・・・
「たぶん貴方は間に合いますので、そこで待っていてください」
当然だろ! と思いつつも、「たぶん」という言葉が気になり、
待っている間は実はまだ冷や汗もの。
なにしろ、ここはモスクワですから。

数分後に搭乗便の係りの人が迎えに来てくれて、ようやく「えがったよ~!」とホッと一安心。

それから急いで向った先は・・・
トランジットカウンターのある場所から1分と離れていない、すぐ側のゲートだったのです。

そらみろ、そんなことなんだから~。
結局、飛行機に乗り込んだのは余裕のよっちゃん。
まだ、出発時刻の15分も20分も前のことで、他の乗客より早いくらいでした。

普通、他の航空会社だったら、乗り継ぎに遅れそうな乗客がいたら、
なんとか間に合うように努力してくれるものなんだけど、
受付時間が終わったからと、先に確認もせずにあっさり断るなんて流石アエロ様々だわ。
(たぶん、日本からの乗り継ぎでベオ行きの乗客は私一人だけ)

私がもっと気の弱い、か弱い女だったら、
きっと言われるままにモスクワ1泊してたところだったのね。

f0064192_23163859.jpg


それにしても、結果的にはやはり、荷物は全部手荷物にして正解だったと思います。
数年前にも飛行機が遅れて、自分の乗り継ぎはなんとかスレスレ間に合ったけど、
荷物だけ積み残されたことがありましたから・・・。

あの時の航空会社はルフト・ハンザで、重量をほんの少しオーバーした為に
荷物を預けなければならなかった時でした。
ま、あの時は、私だけではなくて、他にもたくさん荷物が出てこなかった人達がいたから
紛失ではないという安心感はありましたけど・・・。

てことで、私が荷物を預けたくない理由
1、目的地に着いてから、荷物が出てくるまでの待ち時間がもったいない
2、荷物紛失の恐れ(紛失とまではいかなくても、積み忘れ、行き先の間違い)
3、荷物を抜き取られる恐れ

*********

<追記>

モスクワ~ベオグラード間のフライトについて

安い料金の席は満席なので、席を確保する為に1万円の追加料金を払ったわけですが・・・。
実際には機内はガラガラ、3分の1程度しかシートは埋まっていませんでした。

いったいどういうことよ?!

便はアエロとセルビア・モンテネグロの航空会社JATとの共同運航。
つまり、JATだったわけです。
まあ、アエロよりも広い機内、アエロよりも良いサービス、アエロよりも愛想のよい客室乗務員、
ということで、サービス料だと思って納得するしかないのかな?
[PR]
by joko_tak | 2006-05-12 23:47 | 旅行

アエロフロート

心配していた手荷物の重量、
結論から言えば、全く心配する必要はありませんでした。

重量だけじゃなくて、大きさも関係なかったようです。


ここ数年、スターアライアンス系の航空会社ばかりを利用している私。
そこも以前はアバウトで、大きさは見た目だったし、重量を測ることもしませんでした。

しかし、いつの頃からかしっかり荷物の重量を測られるようになり、
ほんのわずかでもオーバーすると、
「本日は満席なので、荷物をお預け願います」などと言われるようになりました。

私の体重は4●kg。
荷物の重さを足したって、そこにいるデブのおっさんの体重より遥かに軽いはず。
それなのに、手荷物の重量が同じなのは不公平だろ~。
だから、荷物持ち込みさせてよね~っ!!
と、本気でかけあってみたこともありました。
しかし、返事はNO! そのくらい厳しくなっている昨今です。

ところが、アエロフロート様は未だに重量を測ることをしなければ、
見た目的にも間違いなく、規定をオーバーしている荷物を持ち込んでいる人でもスルーです。

いったい、この手荷物の重量制限てなんなんだろう?
だって、チェックイン後に免税店で買うお土産の大きさや重さなんかは関係ないわけだから・・・。
酒なんか、けっこうかさ張るし重いわけでしょ!?

というわけで、チェックインした後にお土産用の1Kgの味噌を購入し、
早めに搭乗して、後から乗り込んで来る人達の手荷物を眺めていたら、
「私が心配して、あれこれ気を回していたのはいったいなんだったんだろう?!」
などと、ちょっと虚しくなってしまいました。
明らかに、私よりも重そうで大きな荷物を持ち込んでいる人がたくさんいましたから・・・・。

ま、こういいアバウトさ、融通がきかないより私は好きですけど・・・♥
f0064192_23464849.jpg

[PR]
by joko_tak | 2006-05-11 21:24 | 旅行

出発前夜

みんなより一足早いGW休暇、いよいよ明日からです♪

やっと今日になって、荷物を詰めてみました。

うっ、入りきらない・・・。

私の荷物といえば、トランクではなくていつもリュック。
去年から旅程が短くなったので、30Lの小さなものに変えました。

しかし、入らないとなると・・・。

大きなリュックに荷物を詰め替えればいいことなのだけど、
できればそうしたくない訳があるのです。

今回私が利用する航空会社は、なんといってもアエロフロートなのです。
預け荷物にした場合の悪評は、なんとなく耳に届いております。

私のような、いかにも貧乏そうなリュックが狙われるとは思わないけれど、
せっかくのお土産がなくなっていた、なんてことになったらもともこもない。
お土産はお値打ち物ではないにしても、頼まれたものもあるからね。
なので、なんとしてでも機内持ち込みにしたいのです。

機内持ち込みにする為には、重量は10kg以内、
縦×横×幅の合計が115cm以内でなければなりません。

今、重量はリュックだけで丁度10kg。
カメラバックが3kg。
その他入りきらない分が約1.5kg。
その他を入れないでリュックだけなら、サイズ的にはOK。

問題は重量なのよね。
なんとかパスする策を、いろいろ思い巡らせてるところです。
まあ、普通はメインの荷物の重さしか量らないから、大丈夫だとは思うけど・・・。
大丈夫なことを祈るしかないですね。

旅行中、ブログを更新できるかわかりませんが、
もしできたら現地からの声をお届けしたいと思います。

それでは、ごきげんよう!
[PR]
by joko_tak | 2006-04-25 23:16 | 旅行

準備しなきゃ!

旅行まであと1週間、そろそろ頭を切り替えなきゃなりません。

ところが、チケットを予約したきり安心しきって、全く準備ができていないのよねぇ。
これってかなりヤバイ状態です。

旅程も具体的に考えていなければ、必要なものも買い揃えていない。

まずは、写真撮るのに必要な品。
これが無けりゃどうにもならないんだから、早いとこ買わなきゃならないってのに・・・。

デジカメのデータ保存用にストレージが欲しかったんだけど、今の私にゃ予算オーバー。
いいのを買うとなると、6万円も7万円もするんですもの。

ということで、マイクロドライブで間に合わせることにしましたわ。
ネットだと、6Gで1万7千円弱(送料無料)。

今から早速注文することにします。

あとは~、何を買わなきゃならないんだっけ?
とにかく、のんびり構えている時間はなくなってしまったわ。

そういうわけですので、のんびりブログを書いてる場合ではないのです。

あ~、でも眠い。
こんな時はどうすればいいの?

はい、当然やることやってから寝るべきですね。(~_~;)
[PR]
by joko_tak | 2006-04-18 23:08 | 旅行

日々のしょうもない出来事を、“ほろ酔い気分”で書き連ねます
by joko_tak
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

お気に入りブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな