ほろ酔いPhoto日記 novo 

<   2009年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

休養&大掃除するぞ

今夜も、仕事が終わったら速攻実家へ出発だ~!

と思っていたのだけど、昨日の朝母親に電話したら、
今週末は無理して帰らなくてもいいとのこと。
というわけで、この週末は久々にのんびりできそうです。
(でも、天気悪そう・・・。)

まずは、朝の時間を気にせずゆっくり寝たい。
といっても、きっと早起きの習慣がついてしまっているから
早くに目が覚めてしまうんだろうけど・・・。

そして、部屋の中のいらないものを、思い切って捨てよう。
今週末は大掃除だ~~~!

f0064192_71643100.jpg
先々週にお墓の裏に咲いてた藤の花
人が手を掛けていないので自然のまま

[PR]
by joko_tak | 2009-05-29 07:22 | 雑記

少しは落ち着くかな

24日の日曜日に、諸々の事情から三七日(みなのか)で壇払いを済ませました。
これで一連の行事がとりあえずは終わったので、少しは落ち着きそうです。

しかし、毎週末片道約6時間かけて実家に帰るのには慣れはしたものの、
やはり一週間が短すぎて休まる時間がない・・・。

金曜日の夜に、仕事が終わってそのまま高速バスに乗り込み実家へ帰り、
日曜日の夜に東京に戻ってくる。
月・火は身体を休め、水曜日は太極拳、そして木曜日に休んで金曜日はまた実家。
実家では、毎週末行事がある為、ひっきりなしに人の出入りがあって・・・。

今週は、日曜日に壇払いがあり、月曜日に東京に戻ったのだけど、
この日は2時過ぎには東京に戻れるので、部屋の大掃除でもしようと思っていたら、
結局帰りが早くても、眠くて眠くて夕方まで寝てしまった。
特に疲れるようなことはしていないんだけどね。
田舎の朝は早いから、ちょっと寝不足ぎみなのかもしれない。

特に、月曜日の朝方はよく眠れなかったのだ。
前日の夜にガーリックのきいた塩味の濃い料理を食べたせいで、
夜中に喉が渇いてなんだかウツラウツラ・・・。
そのうち3時前に兄貴がトイレに起き、私達と一緒に寝ていたギーが
それに気付いて2階の兄貴の部屋へとついて行った。

そのまま寝てくれればいいのに、真上の部屋からはギーを怒る兄貴の声。
建て付けが悪い古い家の為、兄貴が動く度にギシギシ・ミシミシという耳障りな音も響く。
「うるさ~い!こんな時間に何騒いでるんだ~!!」
たまりかねて行ってみると、ギーが兄貴の部屋でゲロを吐いたと怒っていた。
おいおい、さっさとゲロの処理して静かに眠ってくれよ。
貴方が起きてこなけりゃ、ギーは私達の傍らで大人しく寝ていたはずなのだから。

あ~ぁ、これで目が冴えて眠れなくなってしまった・・・。

その後やっと寝付けた思ったら、今度は5時に母親が起き出し墓参りに行くという。
GW中からずっと、私は母の隣で寝ていた為、母が早くから起き出すと
私もそれに合せて起きなければならないのであります。
(親戚のおばさんが、5時~6時頃に訪ねてくることもシバシバ・・・。)
あ~、せめて6時までは静かに寝かせてください。

こんな感じで慌い日々が、あっという間に足早に過ぎていく。
6月になったら実家へ帰る日も減ると思うから、少しは身も心も休まるかな?

やっとセーターと半袖の入れ替えが終わった。
早いとこ冬物コート、クリーニングに出さなきゃな。

f0064192_23462675.jpgf0064192_23471670.jpg
f0064192_2351884.jpgf0064192_23512972.jpg
1週間ごとに庭の様子も少しずつ変わっていきます

[PR]
by joko_tak | 2009-05-28 01:18 | 会津

城下町を歩こう。(その3)

いくら時間がないといっても、当然のことながら、ちょっとは足を止めましたがな。

f0064192_7323071.jpg
「昭和なつかし館」、その名の如く、懐かしい匂いが店先から漂っておりました。
が、しかし、入場料払って中を見学するほどの時間の余裕はありませんでした・・・。

f0064192_733362.jpg
古布、民芸品のお店。赤ベコの絵付けなんかもできるようです。
オリジナル赤ベコが欲しい人は、試してみるのもいいですね。

f0064192_7332991.jpg
赤ベコに並ぶ会津の民芸品。
起き上がりこぼし(小法師)といえば、普通はこういう顔なんですが・・・

f0064192_7341387.jpg
やや、これは???
特大サイズの上に、なんか違う面持ち・・・。これも、起き上がりこぼし?

穴穴がついているのでお店の人に訊いてみたら、ランプシェードって言ったかな?

f0064192_7344161.jpg
食品店の店先にて。 で、ここにも・・・。

f0064192_735252.jpg
いかにも手描き風の顔には思わず笑っちゃいました。
「か・わ・い・い・~!」といっていいのかなんのやら・・・(^_^;)
値段が付いてるところを見ると売ってるらしいけど、この値段で買う人いるかな?
あ、もしかしてこれって1つの値段じゃなくて、4つセットだとか?

f0064192_7353566.jpg
更に道を進んでいくと、またしても見覚えのある形。
色こそついていないが、正しくこれは!!

f0064192_736315.jpgf0064192_7362593.jpg
近くで見ると、やっぱり薄っすらとだけど顔が描いてある。

どうやら、この起きあがりこぼし風ランプシェード、
素焼きから自分で絵付けができるみたいね。
赤ベコよりこっちの方が面白そう、やってみたい。

f0064192_6363920.jpgf0064192_6374779.jpg
七日町通りにきたら、ここに寄らないわけには行きません。
会津中将シリーズの「鶴之江酒造」でございます。
娘さんが、年に数回池袋西武などに売りに来ていますね。
この日も娘さんが出てきて、いろいろ試飲させてくださいました。

f0064192_643239.jpg
で、翌日兄が帰るのを待って、一緒に味わいました。

f0064192_645101.jpg
今度時間があれば、酒蔵見学なんかもしたいな。
あと、末廣酒造にはなぜかクラシックカメラ博物館なんかもあるんです。
[PR]
by joko_tak | 2009-05-23 06:20 | 会津

城下町を歩こう。(その2)

どうやら、新型インフルエンザではなかったようです。
昨日は体調不良をちょっとだけ引きずっていましたが、今日には完全回復。

というわけで、城下町散策シリーズを更新します。

f0064192_21302445.jpg
私が持っていた大まかな観光用地図では、自分の現在地がわからなくなってしまい、
「野口英世青春通り」のお店のおばさんから貰った、「まちなか散策マップ」を見ながら
見所が多そうな七日町通りを七日町駅に向かって歩いてみました。

あら、凄いこと!予想以上にこの通りには、歴史ある建物がズラリ。
江戸時代、明治時代、大正時代、昭和初期の古い建造物が軒を連ねています。

f0064192_21362144.jpgf0064192_2137086.jpg
f0064192_2139949.jpg
f0064192_21403591.jpgf0064192_2141539.jpg
f0064192_21425822.jpgf0064192_2148380.jpg
f0064192_21542427.jpg
f0064192_21552413.jpgf0064192_215617100.jpg
f0064192_22452874.jpgf0064192_22491537.jpg
f0064192_22504784.jpg
f0064192_0371676.jpgf0064192_0375724.jpg
f0064192_041201.jpgf0064192_0383910.jpg

私が高校の頃までは、買い物といえば神明通り。(今の「野口英世青春通り」の一本隣)
こんな情緒ある通りがあるなんて、全然知りませんでした。
幼稚園から高校までの遠足だって、鶴ヶ城や飯盛山、武家屋敷などには何度も行ったけど、
こういうところには訪れたことがなかったし・・・。
東京に出てからテレビの旅番組を見て、へぇ~、こんな古い建物が並ぶ通りがあるんだ?!
と思ってたくらい。(私の家族は当然知っているので、私だけが知らなかっただけ)

今回歩いてみた七日町通りは、会津若松の中のほんの一角。
それも、時間がないので、急ぎ足で七日町の駅までとりあえず行ってみたという感じで、
ひとつひとつの建物をジックリ見ることはできなかった。
また時間を作って、ゆっくり観光したいものだわ。

因みに、七日町通りって国道の為、車の往来が激しいのがちょっと気になるところ。
ここが歩行者天国だとか、もっと小さな通りだったら、写真撮影するのには最高なんだけど・・・。

                                                    つづく
[PR]
by joko_tak | 2009-05-22 01:07 | 会津

またしても、ひとやすみ

f0064192_2343494.jpg

う~む、「あいづっこ」なるのはなかなか難しいな~。


ところで、なんか具合わり~~~!!
何が?って、私の体が・・・。

なんとなく、悪寒がするので布団かぶって一寝したら、
こんどは暑くて汗ばんでる。

まさか、新型インフルエンザ?\(◎o◎)/!
でも、今のところ熱はなさそうだけど・・・。

とにかく、今は体調崩している場合じゃないから、
明日になったら治っているといいな~。
[PR]
by joko_tak | 2009-05-19 23:14 | 会津

城下町を歩こう。(その1)

今更のような気もしますが、またしてもGWの写真の続きです。

普段、会津若松へ行く時は、兄の車で病院や買い物などの用事を済ませるだけなので、
町をゆっくりと歩くことはありません。

この日は私だけ一足早い休暇を取っていた為、バスで若松へ行きました。
帰りのバスの時刻まで、ちょっと時間があったので、念願の観光客してみました。

f0064192_7302560.jpg
まずは駅前から徒歩で出発。

f0064192_731587.jpgf0064192_7312820.jpg
駅前にあるお馴染みの居酒屋チェーン店。
気にしたことなかったけど、よく見ると会津の地酒がズラリ!
あとは、新潟のお酒がチラホラ・・・。

f0064192_7325112.jpg
ムム、いきなり道端にキカイダー!!いや、これはゼロワンの方か?!
“パーラー”というのが、なんとなく懐かしい響き。

f0064192_733495.jpgf0064192_734867.jpg
「野口英世青春通り」、以前はこんな名前の通りではなかった。いつからこうなったんだろ?
向こうからやってくるのは、「まちなか周遊バス ハイカラさん」。
これも、観光用にここ数年のうちにできたレトロなボンネットバス。
1回乗車券が200円で、1日乗り放題が500円。
この日私は乗らなかったけど、車内は満員のようでした。

f0064192_736040.jpgf0064192_7382416.jpg
通りを進むと、今度は「野口英世青春館」。
野口英世といえば、猪苗代。なぜに、会津若松に???

f0064192_7395414.jpg
と思ったら、15歳から19歳を、この町で過ごしたんですってね。
それに因み、1992年5月にこの通りを「野口英世青春通り」と名づけたそうです。

                                                            
                                                     つづく
[PR]
by joko_tak | 2009-05-19 07:43 | 会津

ひとやすみ

f0064192_6121690.jpg

f0064192_6105554.jpg

f0064192_6125360.jpgf0064192_6132193.jpg

猫は、環境の変化に敏感だというけれど、昼も夜もいつも父と一緒に寝ていたギー、
ある日突然いなくなった父のことをどう思っているんでしょ?

よく、母や私の顔をジッと見つめながら、何か訴えかけるように
「ニャーニャー」鳴くことがあります。(餌が欲しい時もだけど)
もしかしたら、父が何処へ行ったか訊いているのかな?

ある程度、人間の言葉を理解するお利口なギー。
一応、父が入院したこと、その後亡くなったことを言って聞かせました。
理解してくれてるといいんだけど・・・。

初七日までの毎朝、一緒にお墓参りをしてくれました。
うちの真ん前が墓地なので、普段からギーは、
お墓でボーっとすることが大好き。
しかも、わかっているのか、決まってうちの石碑の上で。

これからは、お墓で父とお話しができるね。

f0064192_6243287.jpg

[PR]
by joko_tak | 2009-05-15 06:28 | 会津

写真で綴るGW(前半 その6)

桜が散ってしまったといっても、それはソメイヨシノや枝垂れ桜のはなし。
実は、遅咲きの八重桜はまだこれからだったんですねぇ。

f0064192_22425330.jpg
この桜は、小さな枝ぶりながら、この時が見頃。

f0064192_22464787.jpg
f0064192_22471868.jpgf0064192_22475449.jpg
こっちはやっと咲き始め。あと数日で満開になるでしょう、てな感じ。


で、その2、3日後・・・。
f0064192_23115035.jpg
f0064192_2318621.jpgf0064192_23154026.jpg

寒の戻りがあったけど、その後また一気に暖かくなったからなぁ。
[PR]
by joko_tak | 2009-05-14 22:56 | 会津

写真で綴るGW(前半 その5)

桜が散ってしまったということは、こっちもだろうな~。

気になったので、やはり前回の帰省時に満開だった
何の花だかわからない果物の木を見に行きました。
f0064192_21384363.jpg
f0064192_2140665.jpgf0064192_21403789.jpg
f0064192_21365077.jpg
あぁ、やっぱりな~(涙)

ならば、柿の木はどうなった? 花は咲いたかな???
f0064192_214516.jpg
f0064192_2146194.jpgf0064192_21464334.jpg
f0064192_21471530.jpg
な~んだ、まだやっと新芽が芽吹いたばかり。花が咲くのはもう少し先のよう。

菜の花はわりと打たれ強いのか、いまだ健在。
f0064192_215344.jpg


ついでに、ネギ坊主も、雨にもマケズ、風にもマケズ、元気です!f0064192_215448100.jpgf0064192_21561637.jpg

(オマケ)田んぼからは、カエルの鳴き声が聞こえていました。
f0064192_21593270.jpg

[PR]
by joko_tak | 2009-05-14 22:01 | 会津

写真で綴るGW(前半 その4)

霧の後には、霜が降りた朝です。(ちと分りにくいけど・・・)
f0064192_841696.jpg
f0064192_8415483.jpg
f0064192_8423222.jpg
f0064192_8425973.jpg

北国の自然というのは、優しくもあり厳しくもあります。

私が帰省した日の4月25日から26日にかけては、
強風を伴う雨で気温もかなり低かった。
でもまあ、このくらいなら・・・と思っていたら、
27日の最高気温はなんと2度だか3度。
もうすぐ5月だというのに、いったどうなってるんだ~~~っ!?

青森や北海道なんかでは、この日は雪が降ったようですね。
それに比べりゃ、いくら東北とはいえ南にある会津はまだマシですが、
一度しまった電気毛布を、夜寝るときにまた引っ張り出しました。
(年寄りは、普通にこの時期でも使っているようですが)

その翌日くらいからは、日中の気温も20度前後に上がるようになりました。
しかし、いつも昼過ぎに役場からの放送が流れてきます。
「明日の朝は、霜が降りますので、農作物には注意してください」みたいな内容のが。

霜~~~?もう5月になるんだってば。
冬の放射冷却ようなものなのか?
こんなんだから、GW過ぎまでこの地方では、
こたつやヒーターなどの暖房器具をしまえません。

でも、父が亡くなった日やそれ以降は、朝晩の冷え込みがなくなったので助かりました。
[PR]
by joko_tak | 2009-05-14 08:47 | 会津

日々のしょうもない出来事を、“ほろ酔い気分”で書き連ねます
by joko_tak
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

お気に入りブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな