ほろ酔いPhoto日記 novo 

<   2009年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧

明日は台風

上野に行ったついでに、夕方アメ横を覗いてきました。

明日は台風が来るので、お店はお休みだそうな。
ってことで、魚屋さんの魚が安い!

私が大家族だったら、どれもこれも欲しくなってしまう激安ぶり。
しかし、一人暮らしの身には、いくら安くても大量過ぎるんですよ。

これも、多すぎると思いつつも、オヤジの言葉に乗せられて
ついつい買ってしまいました。

f0064192_22431032.jpg
羅臼産の特大肉厚ホッケ、3枚。(アメ横での写真は撮っていません)
まな板いっぱいに広がるドデカさです。

このまま焼いて食べたら、さぞかし旨そうじゃ~!

f0064192_22492498.jpg
が、いくらなんでも、それじゃあ大きすぎるので
一人用サイズに解体しました。
冷凍して、チマチマ食べることにします・・・。

あとは、韓国のお店で豚足買いました。味がついてるやつです。
f0064192_2253762.jpg

これもチマチマ、一人で食べることにします・・・。

久しぶりに行ったアメ横。けっこう楽しめるものですね。
カメラ持って行けばよかったな。

それより、明日はホントに台風来るんですか?
朝から外出しなきゃならないんですけど・・・。
[PR]
by joko_tak | 2009-08-30 23:07 | 雑記

家族の肖像

昭和初期に本家で撮った、父の家族の記念写真です。

f0064192_7245934.jpg

5月に父が亡くなった時の親戚の集まりで、
父方の家系の話で大盛り上がりしました。

昔というのは、家族関係が複雑で子供の数が多かった為、
今じゃ誰と誰がどういう関係だとか、写真を見てもこの人誰だとか、
全てを詳しく説明できる人がいなくなってしまいました。
いわば、私の父が最後の生き証人だったわけですが、
その父も亡くなってしまったわけで・・・。

このままでは、○○家の歴史を知っている人が途絶えてしまう。
少しでも記憶のある人がいるうちに、まとめておいた方がいい。
やるなら今のうち。

そこで、お調子者の兄が、酒に酔った勢いで豪語。
「お盆に帰って来たときに、俺がスキャナーで写真を取り込んで、小冊子にまとめる」

そんなことを言ってしまったから大変です。
パソコンを新調して、スキャナーとプリンターを買って・・・。

お盆にわざわざ実家にそれらを持ち込み、本家から昔のアルバムを借りて、
さあ、スキャンに励むのかと思いきや、今迄一度も使ったことがないもんだから、
そう、簡単にことは運ばない。
結局、数枚スキャナーで取り込んだだけ。
それも、私がプリントすることになったんですけどね。

まだまだ、小冊子を作るまでには遠い道のりです・・・。
まあ、とにかく、やる気のあるうちに少しずつでも纏めていくしかないですね。

f0064192_7432115.jpg
矢印が2~3歳頃の父。
思わず笑ってしまう可愛さ(?)です(^_^;)
[PR]
by joko_tak | 2009-08-27 07:45 | 会津

ふくしま美酒体験

こんなイベントがあるんですね。

f0064192_7362925.jpg


8月28日(金)18:00~、場所は「ザ・リッツ・カールトン東京」
立食スタイルでのビュッフェディナー&日本酒飲み放題なんだとか。
福島県内の30余りの蔵が出店するっていうことなので、
普段味わえない地酒を存分に堪能できそうです。

が、しかし、気付くのが遅すぎました・・・。

会費8000円、定員400名だというのに、チケットは既に完売。
今や福島の地酒人気は相当なものですね。
まさか、県内の関係者ばかりってことはないでしょうが・・・(~_~;)

年に一度のイベントらしいので、来年は早めに情報仕入れて申し込みしたいものです。
いくら実家で地酒が飲めるっていったって、そうは種類を飲めない。
お盆に飲んだ酒は、一升瓶買いの為、3銘柄だけでした。
[PR]
by joko_tak | 2009-08-26 07:40 |

自然が恋し

東京もここ数日のうちに、めっきり秋めいてきましたね。
夏の湿気た空気が、随分と乾いてきたように感じます。

しかし、あたしゃ、田舎の澄んだ空気が恋しいですよ。
ハイジじゃないが、「山に帰りたい!」ってな気持ち。

今年は、東京と実家の往復で過ぎていった気がするけれど、
慣れてしまえば、それも普通のこととなる。
おかげで、この機会に故郷再発見できました。
今年の秋は、さらに田舎を満喫したいな。

f0064192_20381816.jpg
実家近くの盆踊り。
この日は、星がとってもきれいで、天の川が薄っすらだけど見えていた。
ゆっくりと流れていく星を、いくつか見ました。
あ、願い事するの忘れた・・・。
[PR]
by joko_tak | 2009-08-25 07:41 | 会津

ちょっと寄り道、大内宿へ(オマケ)

〆の後ですが、あと少しだけ・・・。

ある蕎麦屋兼お土産屋では、こんな動物がお出迎えしてくれます。

f0064192_127595.jpg

f0064192_1273960.jpg

f0064192_128129.jpgf0064192_12104717.jpg

ぬいぐるみじゃないですよ。本物のタヌキの剥製です。
うち実家の隣の家には、テンの剥製があるけど、
ドジョウすくいや二宮金次郎とは、いろいろ考えるものですねぇ。

《おわり》


[PR]
by joko_tak | 2009-08-23 12:13 | 会津

ちょっと寄り道、大内宿へ(〆)

この日は晴れて暑かったけど、それでも東京の夏に比べりゃ爽やかなもの。

澄んだ空ときれいな花が、茅葺屋根の古民家をいっそう引き立てておりました。

f0064192_11284739.jpg

f0064192_1129649.jpg

f0064192_11292520.jpg

f0064192_1129457.jpg

f0064192_1130966.jpg

f0064192_11313736.jpg

f0064192_11323511.jpg

半日くらいかけて、じっくり写真撮りながら、のんびりゆっくりしたかったけど、
母親が心配してるだろうから、そろそろ帰ろうと兄に急かされ、
束の間の観光を済ませて大内宿を後にしました。
別の季節にまた来れるといいな~!

この日は、高速道路の渋滞が、不幸中の幸いとなりました。

f0064192_11365244.jpg

[PR]
by joko_tak | 2009-08-22 11:38 | 会津

ちょっと寄り道、大内宿へ(その3)

何度か大内宿を訪れたことがある人によると、
昔に比べて今は観光地化されすぎてしまった、と言います。
それでも、初めて訪れる私にとってはいい村でした。

確かにほぼ全ての家が観光用の商売をしているわけですが、
そのおかげで、ここでは長男が村を離れず残っているとのこと。
農業も細々と続けているというし、高齢化と過疎化に悩む田舎の村や町では
これはとっても良いことで、羨ましい話ですよね。

それと、いくら観光地化したって、人々の素朴さは変わっていないと思う。
いい顔、いい笑顔に、たくさん出会いました。

f0064192_10561760.jpg

f0064192_10563765.jpg

f0064192_10573537.jpg

f0064192_1058713.jpg

f0064192_1058275.jpg

f0064192_10585013.jpg

f0064192_10591788.jpg

《つづく》


[PR]
by joko_tak | 2009-08-22 11:02 | 会津

ちょっと寄り道、大内宿へ(その2)

====<大内宿の歴史(概要)>===================================

江戸時代、関東と会津を結ぶ下野街道の交通の要衝だった大内宿は、
宿場として、また荷駄運送の駅所として栄えていました。
ところが、明治17年に日光街道(現在の国道118と121号)が開通すると、
人、物の流れが新しい道路に移り、大内宿は時代に取り残されていきました。
大内宿は山間の僻村として以後の時代を過ごします。

しかし、大内宿は日光街道から遠く隔たったところに位置し、
時代の波に取り残されたことによって、奇跡的に茅葺きの家並みを残すこととなりました。
昭和56年4月、重要伝統的建造物群保存地区に選定されてからは、
江戸時代の家並みや郷愁を望む観光客が訪れるようになっています。
=======================================================


f0064192_1023244.jpg
道の両側には、昔ながらの用水路があります。
山からの湧き水の為、飲むこともできるそうです。

とっても冷たい水なので、ラムネやビール、
桃やトマトなどが冷やされ売られていました。

f0064192_10271648.jpgf0064192_10273481.jpg
f0064192_10303538.jpg
f0064192_10305990.jpg
f0064192_10335494.jpg

ああ、こういうところにも、日本の夏を感じます。
昔は、井戸水や湧き水でスイカを冷やしたりしたっけ。
冷蔵庫で冷やすより、自然の水で冷やす方が美味しいのよね。

《つづく》


[PR]
by joko_tak | 2009-08-22 10:40 | 会津

ちょっと寄り道、大内宿へ(その1)

湯野上温泉から大内宿までは、旧下野街道を車で登っていくこと約10分。
ここでも、すれ違う車はごくわずかで、もしかして今日は空いてるの?

な~んて思ったら、やっぱりそんなはずないですね。
駐車場(有料)は、臨時駐車場まで満車で、少し下の田んぼの方の道端に車を停めて
そこから歩いて村まで登って行きました。

f0064192_9192097.jpgf0064192_9184840.jpg
天気の良い夏空のこの日、車を降りたときから期待が高まってます♪


f0064192_9251156.jpgf0064192_9252864.jpg
坂を上りきり、村に入るとさっそく古民家の喫茶&お食事処が・・・。

あとは、蕎麦屋やらお土産屋さんやら、お店が軒を連ねておりました。
f0064192_932289.jpg
f0064192_9333649.jpgf0064192_934312.jpg
f0064192_9323989.jpg
蕎麦処会津、大内宿といえば“ねぎ蕎麦”が有名。
1本のねぎを箸代わりにして、ねぎをかじりながら蕎麦を食べるんです。


f0064192_942782.jpgf0064192_9424218.jpg
f0064192_9443595.jpgf0064192_9445873.jpg
f0064192_947185.jpgf0064192_9452421.jpg
f0064192_9501198.jpgf0064192_9503627.jpg
f0064192_9515728.jpg
f0064192_11423332.jpg
同じような家のはずなのに、ついつい興味深くて一軒一軒覗いてしまう。
兄は、お土産よりも家の造りに興味を持って、
暇そうにお店番しているお年寄りに話しかけていました。
築300年なんていうのは、普通のようです。

《つづく》


[PR]
by joko_tak | 2009-08-22 10:04 | 会津

ちょっと寄り道、大内宿へ(予告編)

実家へ帰省する日、宇都宮から高速道路に乗ったはいいけれど、
間もなく上河内から混雑が始まった為、
たった一区間先の矢板で降りて下の道を行くことにしました。

その後、また高速に乗ろうかどうか迷っていた時に、
塩原と西那須の間で事故があり、渋滞しているとのニュースが流れてきた。
決まり!このまま高速には乗らずに南会津周りで帰ることに。

あ~あ、昼過ぎには家に着けると思っていたのにな。
こうなったら急いでも仕方ないと、福島県へ入ってから、田島の道の駅で休憩し
新鮮な野菜や果物なんかを買い込む。

湯野上温泉を過ぎたところで、いっつも決まって渋滞している大内宿へ入る道路を見ると、
なんとこの日は空いているではないですか。

こりゃ、もしかして、大内宿が私を呼んでいる?!
「大内宿に寄って行こう!」私の希望により、急遽寄り道することに。

大内宿(おおうちじゅく)って、知る人ぞ知る有名な観光地らしいけど、
未だ嘗て私は一度も行ったことがないんです。
私が会津出身というと、会社の人から「大内宿、いいところだよねぇ」と言われ、
えっ、どこそれ?そんなところあるの???てな具合に、つい数年前まで知らないでいた。
気付けば、テレビの旅番組なんかでも、けっこう取り上げられてるみたいですね。

その旅番組を見て以来、いつかは大内宿に私も行ってみたいと思っておりました。
しかし、あの渋滞を見ると、休日に行くのはまず無理だとあきらめてたから、
12日のこの日は「マンモス、ラッキー!」としか言いようがない。
(今も、テレビではのりPのニュース)

あ、今朝は時間がないので、続きは後で。

f0064192_7422315.jpg
萱葺き屋根の民家が連なる大内宿の村

[PR]
by joko_tak | 2009-08-21 07:43 | 会津

日々のしょうもない出来事を、“ほろ酔い気分”で書き連ねます
by joko_tak
プロフィールを見る
画像一覧

お気に入りブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな