ほろ酔いPhoto日記 novo 

<   2010年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

日帰りバスツアー(総評)

ツアーの内容としては、ほぼ満足。
予定外の「まきば公園」が入ったおかげで、かなり評価が高まりました。
じゃなきゃ、物足りない気持ちだったかもしれない。

最初のトマト狩りはいらないから、明野のひまわり畑へ行くなら、
そのお隣の「ハイジの村」もコースに入れて欲しい。なんて、思ったりして・・・。

それと、団体行動につきもの、時間を守らない人がいるのが困る。

往きのバスの中から、うるさいお喋りをしていた若い女性4人グループ。
最初のトイレ休憩から、その後もことごとく集合時間に戻ってこなくて、
その都度、添乗員が迎えに行かなきゃならなかった。

SAのトイレが混雑しいるようなので、時間に遅れても構わないと言ったら、
食べ物買っていて遅れてきたり、かと思うと、
まきば公園のソフトクリームの行列に、集合時間ギリギリに並び、
添乗員が迎えに行ったというのに、たいして急ぐわけでもなくのうのうと戻ってきた。
集合時間を10分間違えていたらしい。
ひまわり畑でもその調子。ホント、周りに迷惑なグループでした。

ってことで、終了。
[PR]
by joko_tak | 2010-08-11 23:39 | 旅行

日帰りバスツアー⑥(明野のひまわり)

ツアーのクライマックス(?!)は、明野のひまわり畑。
映画のロケ地にもなっている場所です。

事前に今が見頃と聞いていたので、ここにはかなり期待していました。

駐車場から足早にひまわり畑へ向かうと・・・・。

あれっ、なんか違う感じ。
緑の中に、黄色い花がチラホラとしか見えない・・・。

なによ~、今が見頃だっていうから、
この日程でのツアーに参加することに決めたのに~~~っ!

期待を裏切られた気持ちで進んでいくと、
お~、ありました!一面に黄色い畑が!!

f0064192_22141752.jpg

畑は何枚かに分かれていて、時期をずらして咲かせているんですね。
なんたって、ひまわりツアーは8月末まで続くんですから。

f0064192_22342295.jpg

f0064192_2235231.jpg

f0064192_2242565.jpgf0064192_22421437.jpg
f0064192_22483328.jpg

ひまわりって、太陽の方向に向かって咲くものだと思っていたけど、
夕方に訪れたこの日、全ての花が太陽に背を向けて咲いていました。

バスを降りる間際、添乗員さんが言ってました。ひまわりの花言葉が好きだと。
「あなただけを一途に愛します」(確か、こんなようなの)

でも、このひまわりは、愛する太陽に背をむけているぞ。
午前中だけ、一途に愛するってことなのかな?

ってことは、夕方に写真を撮るには逆光になってしまうわけで・・・。

f0064192_22465281.jpgf0064192_22475050.jpg

夕方になるにつれ、少しずつ晴れ間が出てきて、さあ、もう東京へ帰るぞ!
と駐車場に戻ったら、山にかかっていた雲がとれてきて、
ひまわり畑の向こう側にある、山並みがきれいに見えてきました。


---------------------------------------------------------------------------------------------------
◎「八ヶ岳の大パノラマの中に咲く約29万本のひまわり鑑賞」の評価: ★★★(三つ)

 ひまわり畑のバックに大パノラマが見えなかったのが残念。
 でも、満開のひまわり畑を見れたから、期待は裏切られなかった。
 まあ、ちょっと予想していたのと違ってたりするけど、許容範囲内。

 ひまわり畑のお隣にある、「ハイジの村」が気になった。
---------------------------------------------------------------------------------------------------
 
[PR]
by joko_tak | 2010-08-11 23:20 | 旅行

日帰りバスツアー⑤(高原列車)

お次は、2時48分発の高原列車に乗車する為に、野辺山へ移動。

野辺山は、JRの日本一標高が高い地点(1346m)にある駅です。
ここから高原列車に乗って、一駅お隣の清里で下車するというもの。

f0064192_2244281.jpg

高原列車といっても、ローカルな小海線のことで、
特別な観光客用の客車になっているわけではありません。

しかし、駅のホームは高原列車お目当ての団体ツアー客でごったがえし、
向かい側のホームの静けさとは対照的。
f0064192_2285219.jpg


清里方面からやってきた3両編成の列車は、野辺山から折り返し運転で引き返します。
どうやら観光客用に、野辺山~小淵沢間で臨時列車を走らせているよう。
満員だった列車から大勢の人が下車すると、今度は別の観光客がどっと乗り込みます。

どうせ座席には座れないしと、私は一番後ろの車両の一番後ろに立つことに。

f0064192_2251127.jpgf0064192_22513533.jpg
列車は、何の変哲もない景色の中を走り、7分後に清里駅へ到着。

f0064192_2253329.jpg
清里は、日本で2番目に標高が高い駅だそうです。
清里には何度か行ったことがあるけど、知らなかった・・・。

-----------------------------------------------------------------------------------------------
◎JRの最高地点にある駅、野辺山からの高原列車: ★★(二つ)

 本来の予定ルートでは、清里から高原列車に乗り、野辺山で下車というものだった。
 
 観光客でごったがえす列車に、たった一駅乗ったからといって、
 特に感動するわけでもない。
 車窓からの眺めも、どこにでもある田舎の景色だし・・・。
 (天気が良けりゃ、八ヶ岳が見えてもっと違う印象だったのか)

 あってもなくてもいい内容だけど、でもまあ、話の種や記念にはなるかな?
-----------------------------------------------------------------------------------------------

つづく


[PR]
by joko_tak | 2010-08-10 23:10 | 旅行

日帰りバスツアー④(まきば公園)

昼食の後は、JRで日本一の標高点にあるという野辺山駅から、
高原列車に乗る予定でしたが、まだ列車の時間に早いということで、
急遽、ツアーには組み込まれていないところへ行くことになりました。

場所は明かさない方がいいということで、行ってみてからのお楽しみ♪
ヒントはソフトクリームが食べられるところ。

清泉寮じゃないかと予想していた人が多かったと思うけど、
バスが到着したところは、「まきば公園」でした。
思わずみんなから、拍手が沸き起こる。

f0064192_764294.jpg

そうよ、せっかく高原に来たからには、やっぱこういう牧場(まきば)は外せない。

ここには、馬やポニー、羊などが放牧されています。
(牛もいるらしいけど、離れた場所にいるので見れなかった。)

f0064192_7114486.jpg
f0064192_7165491.jpg
         f0064192_7171546.jpgf0064192_7181188.jpg

ここでの自由時間40分は、あっという間に過ぎてしまいました。

f0064192_7361482.jpg



------------------------------------------------------------------------------------------------------
◎予定外の「まきば公園」の評価: ★★★(三つ)

 もともと八ヶ岳や高原などという言葉から、こういう場所を想像していたので、
 ここに立ち寄ってもらって、本当によかった。
 動物もいるし、清泉寮よりこっちの方が面白いと思う。

 但し、ソフトクリームは、私好みのソフトなものじゃなかったので、イマイチ・・・。
------------------------------------------------------------------------------------------------------


つづく


[PR]
by joko_tak | 2010-08-10 07:38 | 旅行

日帰りバスツアー③(八ヶ岳 森のチーズ工房)

農場での野菜狩りの後は、「八ヶ岳 森のチーズ工房」へ。
これまた、興味をそそられ、期待に胸が膨らむネーミングではないですか!?

しかし、事前に下調べしておいたので、過度の期待はしておりません。
クチコミによると、期待しすぎて夢破れる人が多いようなので・・・。

旅程では、チーズ工房で昼食ということだったので、
前日確認に電話してきた添乗員さんに訊いてみました。
「昼食はつくんでしょうか?」と。
そしたら、「つきます。山梨名物のホウトウです。」

へっ?!チーズ工房でホウトウ???
なんか結びつかなくて、念の為、ネットで調べてみたというわけです。
ツアーに組み込まれているくらいなので、団体観光客用のお店みたいですね。

f0064192_23123549.jpgf0064192_23125275.jpg

バスを降りると、お店の人が昼食会場へと案内してくれました。
建物内は、木でできた和風な雰囲気が漂っています。

入り口で、名物のチーズケーキの試食をさせてもらい、
予想以上に広いお土産コーナーを通りすぎて、地下へ降りていくと・・・。

うひょ~、これまた予想以上の広さのお食事処です。
まあ、観光バス何台ものお客様を受け入れるためには、
このくらいの広さが必要なんでしょうね。

で、テーブルに用意されていた食事も、予想以上でした。
f0064192_23214925.jpg

ホウトウとサラダバーは聞いてたけど、その他にもおかずとご飯、デザート付。
味はともかくとして、量は見た目にも食べてみても十分です。

お一人様の私は、みんなの食事が終わってトイレが混む前にと、
食べるだけ食べたら、とっとと上へ上がりました。

広いお土産売り場を見る前に、隣接しているギャラリーへ入ってみると、
山下清が東海道を旅した時のスケッチ(レプリカ)展をやっていました。
細かい描写の絵もさることながら、清独特の口調(「〇〇なんだな」)での
キャプションが一枚一枚についていて、「裸の大将」を思い浮かべながら読むと面白い。

ギャラリーで時間を取られたため、お土産コーナーはさっと流して見ただけ。

f0064192_23404780.jpgf0064192_23411653.jpg
焼いて食べる、このヒョウタン型のチーズも、チーズケーキと並んで名物だそう。

私は、チーズもケーキも購入せずに、ここでのお食事&買い物タイムは終了。


-----------------------------------------------------------------------------------------------------
◎「八ヶ岳 森のチーズケーキ工房」の評価: ★★(ニつ)

 ネットで調べた時点で、思っていたのとなんか違うと少しガッカリしていたので、
 現地へ着いてから、更に期待を裏切られてガッカリするということはなかった。
 「予想以上」というのは、いろんな意味で・・・。

 まあ、食事の量からすると、いい方なんじゃないでしょうか?
 これで、もっと美味しけりゃいうことないんけど、
 団体客用に事前に作っておいた料理だしね。
 
 時間が余っているからと、当初予定より30分ゆっくりできたのはよかった。
 じゃないと、40分ほどしか時間がなく、ギャラリーまでは見ていられなかった。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------


つづく


[PR]
by joko_tak | 2010-08-10 00:13 | 旅行

日帰りバスツアー②(ほうれん草狩り)

地中海トマト狩りの後は、バスで少し移動して別のファームへ。
今度は、旅程には載っていない、「ほうれん草狩り」を体験。

f0064192_2222974.jpg

ここでもやはりビニルハウスですが、先ほどのトマトのよりも何倍も大きなハウスで、
水耕栽培により数種類の野菜が育てられています。(一年中栽培可能。)

f0064192_227565.jpgf0064192_2272291.jpg

一人が狩っていいのは4株分。
案内のオジサンの説明を受けて、根元から少し下をハサミで切ります。
日持ちさせるには、ギリギリを切らない方がいいんだとか。

f0064192_22163721.jpgf0064192_22165581.jpg

で、狩り(切り)取ったのがこれ↑。(根っこの部分についているのが何というかは忘れた・・・)
アクのない、生で食べるサラダ用のほうれん草です。

ビニルハウスを出て、小屋でほうれん草を袋に入れてもらうんですが、
そこで目に入るのが、新鮮野菜の即売。
おいしそうな野菜数種類が、どれも100円で売られていました。

思わず、考えなしに、長ナスとモロッコ豆なるものと、普通サイズのトマトとミニトマトを購入。

んっ!? バスに乗り込んでからよく考えたら、さっきトマト狩りして来たばかりだった・・・。
それに、12日からお盆休みに入る為、家の冷蔵庫に残された野菜を考えると
こんなにたくさん食べきれない・・・。トウモロコシだってあるのに・・・。

でも、ミニトマトはさっき摘み取ったのよりも、こっちの方が甘くて美味しそうだから、
まあいいか~! 後で、バスの中で味見したら、ホントにとても甘かった。


-----------------------------------------------------------------------------------------------
◎ほうれん草狩りの評価: ★★(ニつ)

 農場のおじさんが、親切にあれこれ説明してくれるのがいい。
 水耕農業を実際に見たのは初めてだったので、興味深かった。
 刈り取るほうれん草がたくさんあり、団体様でも十分な量だった。味も良し。

 但し、ハサミの数が少ないので、順番待ちしなければならない。

 即売所の野菜が安いのもいい!
 
 旅程に書かれていないおかげで、過度の期待がなかった分、満足度が高いのかも?
-----------------------------------------------------------------------------------------------


つづく


[PR]
by joko_tak | 2010-08-09 22:56 | 旅行

日帰りバスツアー①(地中海トマト狩り)

7時半に新宿を出発したバスは、11時前に八ヶ岳へ到着。
(東京7時発で、土日祝は平日より30分早い出発になります。)

最初のツアー内容は、八ヶ岳ファームでの「びっくりするほど甘い地中海トマト狩り」。

八ヶ岳ファームという名からはちょっとガッカリなビニルハウスへ案内され、
バスを降りるときに渡された、小型のプラスチック容器に、ミニトマトを狩りとっていきます。
容器の中には、トマト狩りには含まれていない、珍しい種類のトマトが既に一つ入っていて、
私のには、普通のミニトマトより大きいサイズでレモンのような形をした黄色いのが・・・。
名前を確認したけど、なんていうトマトだったかは難しくて覚えられませんでした。

f0064192_7222747.jpg


私達の団体が指定されたのは、ビニルハウスひとつ分。
(この写真は広角レンズで撮ったので、実際はもっと狭いです。)

案内されたはいいが、パッと見、トマトがどこになっているかわからない。
他のツアー団体に捥ぎつくされたのか?まだ熟していないトマトばかりが目に入る。

まあ、よく見ると色がついた実が、ところどころに生ってはいるんだけど、
なにせ40人以上のご一行様で取りあうんだから、
写真を撮ったりしてボヤボヤしていると、熟した実はなくなってしまうんですよね。
2種類しか見分けがつかず、いったい何種類のトマトがあるのかもわからないまま、
仕方なく、まだ熟していなさそうな実で容器をいっぱいにしました。
(私達のハウスに紛れ込んできた親子は、容器の半分も収穫できないまま諦めていた。)

f0064192_7304354.jpgf0064192_731190.jpg

一応ちゃんと蓋が閉まるように、容器いっぱいに摘み取った地中海トマトとやら↓。
写真を見ると、昨日より美味しそうに見えるのは、冷蔵庫にいれずにおいたので
この1日でちょっとだけ熟したからなのか??
f0064192_21163188.jpg


トマト狩りの後は、とうもろこし狩り(一本だけ)も予定されていたそうだけど、
畑がぬかるんでいた為、バスに乗り込む際に皮付きのを一本ずつ配られました。
生でも甘い、なんとかコーンというやつらしいです。

-------------------------------------------------------------------------------------------------
◆「びっくりするほど甘い」ようには見えない状態の「地中海トマト狩り」の評価: ★(一つ)

 地中海トマト・・・、響きはいいが、見た目どこのトマトかなんてわかりゃしない。
 地中海から連想するイメージとは程遠い、ビニルハウスがある農家に案内されただけで、
 ネーミングが大袈裟すぎるような・・・。
 トマト狩りするには、狩り時の美味しそうなトマトが少なすぎ。

 食べてみた感想: 見た目通り、やっぱり甘くない・・・。
             何日か置いといたら、甘くなるんだろうか?
-------------------------------------------------------------------------------------------------


つづく


[PR]
by joko_tak | 2010-08-09 07:40 | 旅行

涼を求めて(日帰りバスツアー参加)

東京の暑さから逃れたくて、高原へ行きたい!と思いたち、
金曜日に申込し、本日日帰りバスツアーに参加してきました。

ツアー名は、「甘い!地中海トマト狩りと明野のひまわり&八ヶ岳高原列車」。

8月の日曜日ということもあり、バスは満席。参加者44名だそう。
うへぇ~!(-"-)ってな感じだけど、この際仕方ない。

HISのお一人様大歓迎のツアーだったので、他にもお一人様がいるだろう、
と思っていたら、お一人様での参加者は私だけ・・・。
こういう内容のツアーに一人で参加するのって、寂しいですかね?

今日の山梨は曇っていたので、八ヶ岳がきれいに見えなかったのと、
夏らしく青空の下に咲くひまわりの写真を撮れなかったのがちょっと残念だったけど、
東京の蒸し暑さを暫し忘れて、高原の清々しい空気を吸えたから、やっぱり行ってよかった。

ツアーの内容は、ガッカリあり、満足あり、トータルすると、ほぼ満足できた、かな。

高速道路の渋滞は覚悟していたので、仕方ない。
往きは、八王子から相模湖まで。でも渋滞予想の25kmよりは、かなりマシの15km。
(そのせいか、途中時間が余って旅程にない場所へおまけで立ち寄り。)
帰りは、小仏トンネル付近で35km。これは渋滞予想通り。
でも、談合坂から相模湖までの間で、事故が3箇所というのは予想外。
予定より1時間半遅れて新宿に到着。

ってことで、今日は朝が早かったし疲れたので、もう寝ます。
とりあえず、ひまわりの写真を一枚だけ。

f0064192_23175148.jpg

[PR]
by joko_tak | 2010-08-08 23:23 | 旅行

阿波踊り、盆踊り

今日は、私の住んでいる町の「阿波踊り大会」がありました。
もちろん、本場徳島ではありません。

毎年平日の夜に催される為、興味のない私にとっては大迷惑。
私のマンションの前の通りが通り道になっていて、
延々と続く鐘の音に頭痛を覚えるほどなのです。
テレビのボリュームをいくら上げても聴こえないし・・・。
(と、これは去年の日記にも書きました。)

いくら騒音とはいえ、地域のお祭りだから、クレームをつけるわけにもいかない。
なので、今年は帰宅時間を遅くしようと、祭りの告知を見た時から考えておりました。
一杯ひっかけてから帰ろうかとか・・・。

しかし、偶然にも今日は残業があり、ちょうどお祭りが終わる直前に地元駅到着。
商店街にあるスーパー(駅から徒歩1分)への人込みに苦労しただけで、
とりあえず自分の部屋に着いたときには、普段通りの静寂に包まれていました。

あ~、よかった。
こうすればストレスを感じずにすむのか~。
来年からも、帰宅時間を8時以降にするように調整しよう。
(てか、今日はその分、仕事でのストレスでイライラしているんだけど)

お祭り好きの私ですが、なぜか阿波踊りには全くもって興味がわきません。
頭の奥に響く鐘の音がダメなのかもしれない・・・。

でも、こういうお祭りって、地域の活性化には大切なんですよね。
私の田舎では、毎年恒例だった盆踊りが何年もの間、中断していたことがありました。
(人口の少ない田舎では、何をやるにも地元の人達の寄付金が頼りなのです。)
しかし、青年団の人達が数年前に復活させてくれ、去年久しぶりに見に行ったら、
人が少ないと聞いていたのに反して、多くの人で賑わっていたのにはビックリ。

盆踊り会場が、国際芸術村となった旧中学校のグラウンドということもあり、
去年は芸術村から景品を寄付したり、東京事務所のスタッフが参加したりしたそうです。
その日、普段なら閉館している芸術村を夜間も開放したら、
沢山の人達が入館(入村?)してくれたとのこと。

とういわけで、今年はお盆期間中に芸術村で作品展を開催することになりました。
東京事務所のスタッフの方々も、盆踊りに参加すると前々からはりきっています。
(去年は、ゲタの踵がとれて、セッタ状態になっても踊り通した人がいたんだとか。)
翌日の別の地区での盆踊りにも参加予定だそうで、
そこまで田舎の盆踊りを楽しんでもらえるなんて、
地元の人、地元出身の人が見習いたいほど有難いですねぇ。

と、そういう私は踊るつもりはないんですが、見には行くつもりでいます。

子供の頃は、最初から最後まで踊り通すと賞をもらえる確率が高いだとか、
仮装部門を狙った方が賞をもらえる確率が高いだとか、
いろいろ考え、毎年疲れた足を引きずりながらも最後まで頑張って踊ったものです。
(結局参加賞以外は貰ったことなかったような・・・)

賞を貰うには、とにかく目立つことが一番で、酔っ払って変な踊りをしていた
兄の同級生が何かの賞をもらったことがあったりしました。
つまり、相当に踊りが上手だとか、人目を引くアピール上手な人でないと
当時は参加者が多かった為、私のような地味~な人間は
とうてい審査委員の目には留まらなかったみたいです。

今は、私が子供の頃に比べて人口も減り、規模もずっと小さなものになって、
仮装大賞なんていうのがあるのかないのかもわからないけど、
とにかく地元の人の楽しみなお盆のイベントとして、
昔のようにずっと続けていって欲しいと思います。


国際芸術村の夏休み特別企画についてはこちら↓
http://blog.goo.ne.jp/nishiaizu-art/e/8e64da76c48de4a16aeef1900dfe85d4
[PR]
by joko_tak | 2010-08-05 22:41 | 雑記

あちこち痛

毎日暑いですねぇ。
暑くて寝苦しい日が続いています。

いや、暑いのばかりが原因じゃなく、別の理由での寝苦しさも続いています。

先週、背中をピンと伸ばして姿勢を正すと、腰に痛みを感じてた。
普通に生活する分には特に不便はないけど、整体にでも行った方がいいか?

そんなことを思いながら、とりあえずはビッ〇カメラのマッサージチェアでマッサージ。

そしたら・・・。

翌日の土曜日の朝方、フと気づいたら激しい腰痛に襲われていた。
横向きには寝れるけど、腰が痛くて仰向けになれない。
つまり、腰を伸ばせないってこと。

日中はなんとか痛みが和らいで、夜寝る時は仰向けになれた。
しかし、日曜日の朝、またしても前日と同じで、仰向けになれない程の腰痛が。

あ~、マッサージチェアでマッサージなんてしなきゃよかったよ~。
この腰痛が持病になってしまったら、どうしよう・・・。

そんな心配をしておりましたが、月曜日になったら、あら不思議。
すっかり腰痛はなくなってしまいました。
腰を伸ばしても、何も痛みは感じない。

お~、よかった、よかった!

と、思っていたら、今度は・・・。


毎日、朝から汗だくの通勤で、会社に着いたときには汗が体中から噴き出している。
会社に着いて、まずすることは、パソコンの立ち上げと同時に、身体の汗を拭くこと。

で、月曜日の朝、汗拭きシートで身体を拭いて、ついでに靴まで拭いて・・・・、
身体を起こしたら、あれっ?
なんと、左肩に激痛が走っているではないの?!

無理な体勢なんかしなかったはずなのに、筋を違えたのか、ギックリ肩か??
肩甲骨の辺りの筋にピリピリした激痛が・・・。

身体を捻ったり、右手の動かし方によって、ビビッときちゃう。
肩を庇って、会社から帰る頃には首まで固まってしまった状態。

これじゃあ、寝ている時に、寝返り打てなそう・・・。

朝方まで熟睡している時には、痛みは感じていないけど、
朝方眠りが浅くなってくると、やはり痛みを感じて寝返りも打てず、
目覚ましが鳴ってもなかなか手が伸ばせない。

さて、布団からどうやって起き上がろう?
結局、一番痛くなさそうなのが、前向きにそのまま勢いつけて起き上がる方法。

あ~、この痛み、どの位続くんだろう。
筋を違えただけなら、2、3日で治りそうだけど、ギックリ肩だったら長引くのか?

な~んて心配してたけど、昨日会社に行ったら目覚しく回復しました。

夜シャワーで肩を温めて、朝もシャワーで温めて・・・。
が効いたのか、朝の痛みが嘘のように、随分痛みが和らぎ、肩を動かせるようになった。

今朝も、寝起きはやっぱり痛むものの、この分なら思ったより早く治りそう。

それにしても、ここのところ、腰や肩と次々に襲われるこの痛みはなんなのか?
やっぱ、年のせい???(ToT)
[PR]
by joko_tak | 2010-08-04 07:45 | 美容&健康

日々のしょうもない出来事を、“ほろ酔い気分”で書き連ねます
by joko_tak
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お気に入りブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな