ほろ酔いPhoto日記 novo 

キャンディ・キャンディ FINAL STORY(その2)

ところがこの小説、期待が大きい分だけ読んだ人の感想はイマイチなよう。

漫画の頃からのファンにとっては、当然のことながら漫画の続編を期待します。
ところが、この小説は30代になったキャンディの回想であり、
既に愛する人と結婚している(らしい)けど、その男性が「あのひと」として語られていて
それが誰であるのかはっきり明記されていないのです。

ってことなので、私は図書館から借りてあんまり期待しすぎないようにして読みました。

上巻と下巻の途中までが、回想録。
(ポニーの家、レイクウッド、ロンドンのセントポール学院まで)
下巻の途中から最後までが、キャンディが出会った人々との手紙のやりとり。
(記憶をなくしたアルバートさんと、看護婦になったキャンディとの生活とのことは、
手紙の中でところどころ出てくる程度。)

最後の著者のあとがきによると、漫画から30年以上も経っているし、
過去に何度か小説化しているので、この小説は漫画の続編ではなく、
全面的に書き直した大人の為の真実の愛の物語なんだそうです。

なので、ところどころ漫画とは違っていたりします。

例えば、キャンディが丘の上の王子さまと出会うのは、
漫画では、アニーがブライトン家の養女になってしばらくしてから届いた
「さよなら、キャンディ。わたし孤児院にいたことをお友達に知られたくないの。」
というアニーからの最後の手紙を読んで泣いていたときのこと。
でも、この小説では、アニーがもらわれて行った日に王子さまと出会うことになっていて、
最後の手紙が届いたのは、養女になって6年もたってからのことです。

一番残念なのは、キツネ狩りの日のアンソニーの最後の言葉と、
丘の上の王子さまが正体を明かす場面での言葉が変えられてしまっていること。
ファンはこの場面での台詞を、頭の中にしっかりと記憶しているから、
これは私ならずとも、かなりガッカリ度が大きいのでは?
ここだけは、変えちゃいけなかったと思うのですが!

まあ、こんな風にあちこち違っちゃったりするのですが、
漫画にはなかったことも沢山書かれていて、嬉しいこともあるのです。

まずは何といっても、アンソニーのこと。これでもかって程、書かれてます。
キャンディはずっと何年も後まで、アンソニーに対する想いを引きずっていました。
テリィを愛するようになってからも、その想いは変わらず、
それと同時に、アンソニーが亡くなったのは、アードレー家の養女になった
自分のせいだという苦しみをずっと胸に抱えていました。

アンソニーのバラのことも、アンソニーの母でありアルバートさんの姉である
ローマリーのことも、漫画には描かれていなかったことが、この本には沢山出てきます。
大おじさまであるアルバートさんもまた、キツネ狩りを指示したのは自分だと、
甥を亡くした苦悩と自責の念を抱えていたということもわかりました。
しかし、よく考えれば、動物を愛するアルバートさんが、なぜキツネ狩りなんて・・・?
などという矛盾を指摘してはいけませんね。

キャンディはいろんな人に手紙を書いていますが、アンソニーにだけは書けません。
テリィには出せない手紙を何通も書いていたし、戦争で亡くなったステアにも心の中で
何通もの手紙を書いていたのだけれど、アンソニーにだけは書けなかったと・・・。
でも、この小説の最後は、アンソニーへの手紙で〆られています。

アンソニー派だった私にとっては、こんなにもアンソニーのことをキャンディが
心の中で大切に思っていたことがわかり、とっても感激しました。
(簡単にテリィに心変わりしたわけじゃなかったのね。)
それと、レイクウッドに誰も住まなくなってからも、アンソニーのバラは
ラガン家の庭師だったホイットマンさんが、ちゃんとお世話してくれていたそう。

あ、アンソニーが品種改良したスウィートキャンディの色も、白からピンクになっちゃってます。
これも白のまま変えないでほしかったな。
白バラを見るたび私は、スウィートキャンディって呼んでたほどですから。


(その3につづく)


[PR]
# by joko_tak | 2011-08-11 07:12 | お気に入り

キャンディ・キャンディ FINAL STORY(その1)

長らくご無沙汰しておりました。
で、久々の記事が『キャンディ・キャンディ』です(~_~;)

偶然に目にした『キャンディ・キャンディ』を話題にしたwebサイトから、
昨年の秋に『小説 キャンディ・キャンディ FINAL STORY』というのが
出版されたことを知りました。
もちろん著者は、漫画の原作者の名木田恵子(水木杏子)さん。

それで、実家に置いてあったコミックス『キャンディ・キャンディ』全9巻を
久しぶりに一気に読破しました。
いがらしゆみこさんとのいざこざ以来、残念ながら『キャンディ』に関する出版物は
全て絶版となってしまい、今ではとても貴重なものとなりました。
(この本がこんなに貴重品になるとは予想だにしなかった20年以上前に、
「捨てるつもりだからあげる」という友人からもらったものなのですが・・・。)

この漫画は、低年齢層向けの『なかよし』に連載されていた作品ですが、
リアルタイムで読んでいた子供の頃から、大人になった今でも、
何度繰り返し読んでも数々の場面で感動し、
読み終えた後に残る余韻で胸がせつなくなります。

アンソニーと死に別れ、その後出会ったテリィとも愛し合っていながら別れなければならず、
そんなとき側にいてくれたアルバートさんと兄妹のような愛情が芽生え・・・。
ウィリアム大おじさまと丘の上の王子さまの正体がわかったところで、物語は終わります。

当然、ファンの中では、その後の展開が気になるところ。
キャンディはいったい、誰と結ばれるの?と。

漫画のラストシーンから想像するに、アルバートさんと穏やかな愛を育むのか・・・?
いや、テリィ派の人にとっては、あんなおじさんとくっつくなんて納得いかないようで・・・。
(おっさんといったって、今にして思えばまだ20代。キャンディより10歳年上なだけ。)

日本国内ばかりか海外にもキャンディ・ファンがいて、
ファンによってその後の物語がいくつも書かれています。
たいていは、テリィと・・・っていう展開になるよう。

う~ん、アルバートさんファンの私にとっては、波乱万丈なテリィとの激しい愛を取るより、
大人のアルバートさんと一緒にいる方が、安心していられるぞ、と思うのですが・・・。

そこで、原作者による『キャンディ・キャンディ FINAL STORY』に期待が膨らむわけで。
FINAL STORYってくらいだから、ついにキャンディのその後が書かれているのね、と。

キャンディは、果たして誰と結ばれるのでしょうか???


(その2につづく)


[PR]
# by joko_tak | 2011-08-10 08:08 | お気に入り

GW会津リポート

ずっと更新していませんでしたが、
こちらのブログ ↓ で書いてます。 

http://blog.goo.ne.jp/nishiaizu-art

すみませんが、こっちをご覧ください。
[PR]
# by joko_tak | 2011-05-14 06:59 | 会津

竹の子

先日のライブを企画して出演していたのは“雲ノ子”でしたが、今日の話題は“竹の子”です。

先週の土日に、太極拳の合同練習で千葉県の勝浦へ行ってきました。

先生が勝浦でも教室を持っているということで、そこの生徒さんたちとの
合同練習(というより、お互いの発表会)を毎年4月にやっているんだそうです。

太極拳が本来の目的のはずなのに、実のところ別のところに力が入っているよう。
初めて参加の私は、かなり充実した2日間になりました。

海の見える温泉+黄金風呂に入ったり、夜は先生のおごりで魚介類とお酒を堪能したり、
翌日は勝浦散策を楽しんだり、山に入って泥んこになりながら急斜面の竹薮で竹の子を掘ったり・・・。

太極拳+坂道山道の上り下りで、かなりの筋肉痛になることを覚悟していたけど、
全くといいほど筋肉痛にはならなかったから、自分でも不思議。

そして、土曜日の勝浦での宴会と月曜日の職場の飲み会で疲れが溜っていたので、
火曜日は休肝日にするはずだったのに・・・、
採り立ての竹の子と、市場で買った魚の干物があるせいで、断酒はできず・・・。

今週末から実家に帰るし、貰っても食べきれない。アク抜きして煮るのも面倒。
と思っていた竹の子だったけど、皮を剥くと思いのほか小さくなり、
採りたてなので、その日のうちなら水だけで煮てもOK。
生でも食べられるってことだから、軟らかくて煮えるのも早い。

勝浦から帰って来たその日に煮てだけおいて、水につけて保存し、火曜日に味付け。
味のしみ込みも早く、昨日今日と、竹の子と干物で晩酌がかかせなくなってしまいました。

今までも竹の子をもらって煮たことは何度かあったけど、
水だけで煮て、アクもなく、こんなに早く、こんなに軟らかくなるなんて知らなかった。
やはり鮮度は大事なのね。竹の子特有のクセもなくて、すごく美味しい!
正直竹の子って、普段は買ってまで食べたいものではないのに、採りたては格別なのだ。
しかも、自分たちで掘ったからよけいに!?(私は、見ていただけだけど・・・)

でも、あの山での労力を考えると、買った方が安いかも・・・。
勝浦では、朝採りの竹の子がそこいら中で安く売っていましたからね。

(カメラ持って行って写真を撮ったけど、世界フィギュアが始まったし、GWは実家に帰るし、
写真の整理をする時間がないなぁ。)
[PR]
# by joko_tak | 2011-04-28 00:49 | 旅行

ライブ&想定外

なぜか朝帰りです・・・。

昨夜は、『福の歌』のaveさんのライブを、聴きに行ってきました。

題して、【東京もaveが元気にすっぺ2daysライヴ!!つって】
会場は、東中野のダイニングバー「こ卯さぎ亭」。

他の出演者は、2人組ユニット「雲ノ子」とソロシンガーの「だいじゅ」さん。
今回の主役はaveさん、そして企画は「雲ノ子」だそうです。
(因みに、雲ノ子の一人は喜多方出身。福島人多いです。)

福島から上京したaveさんの生歌はもちろん、他の人の歌もすごく良かったし、
とてもアットホームな雰囲気で、笑いあり涙あり、とにかく楽しかったです。
ライブの後には、そのまま「こ卯さぎ亭」で、聴衆交えての打ち上げパーティーも。

打ち上げがあること自体、既に予想外だったけど、この後がもっと・・・。
打ち上げが始まったのが、10時過ぎ。
まあ、つまりご想像の通り、終電を逃してしまったんですね。
(この時間、電車の本数が減らされているのを忘れてた。)
で、同じく終電を逃したミュージシャン、スタッフの方と、朝まで飲み明かしたというわけです。

3組のミュージシャン、スタッフの女性に混じり、なぜかそこに私が・・・。
みんなして不思議がっていました。はい、私自身も不思議な展開です。
まあ、これも「想定外」ってことで・・・(~_~;)

歌聴いて、一緒にお酒飲んで、いっぱい笑わせてもらって、お蔭で沢山の元気をもらいました。
aveさんから、震災後の福島での活動の話も聞けました。
皆さん、ありがとうございました。
またライブがあれば、聴きに行きます。

あ、今日も東中野で2daysライブの2日目あります。でも、チケット売り切れらしいですけど。


ライブの写真は、こちら ↓ に載せてます。
『アートな気分で田舎とふれあおう』
[PR]
# by joko_tak | 2011-04-16 12:03 | お気に入り

ずっと嘘だった&希望の道

東京電力福島第一原子力発電所事故の暫定評価が
最高水準の「レベル7」に引き上げられました。



でも、希望を信じて・・・。



猪苗代湖ズにも参加している、山口隆さん(会津若松出身)のサンボマスターの歌です。
[PR]
# by joko_tak | 2011-04-13 07:40 | 地震

東北の酒を飲んで、東北を応援しよう

土曜日は生憎のお天気でしたが、日曜日はいいお花見日和でしたね。

岩手の『南部美人』のご主人が、お花見を自粛しないで東北のお酒を飲んでください。
とテレビでお願いしたせいか、当初よりも自粛ムードはいく分緩和されたような・・・。
上野公園の自粛を呼びかける看板も撤去されたそうですね。

f0064192_7224097.jpg

『南部美人』のご主人が言ったからというわけではなく、
元々今年の私のお花見のテーマは、「東北(福島)の酒を飲む」。

といっても、私の場合はどうしてもふるさと会津の酒になっちゃいますが。
同じ福島でも、中通りよりも会津のお酒が好きなんです。

日曜日のお酒は、会津坂下の曙酒造がとある酒屋さんオリジナルに造っているお酒。
肴には、会津若松のニシンの山椒漬けと、飯坂のイカにんじんを持参しました。
福島を応援しよう!という、ささやかな気持ちからです。

f0064192_734337.jpg

f0064192_732558.jpgf0064192_7313136.jpg

その前の週のお酒は、これまた会津坂下『飛露喜』で知られる廣木酒店の
年に数回だけ限定販売される生の『純米吟醸 泉川』黒ラベル。

f0064192_7375810.jpgf0064192_7405136.jpg

桜の下で飲む酒は格別に美味い!
やはり、お花見のない日本の春なんて寂しすぎる。

今週末もやります、偶然にも岩手の「日本全国同時お花見」プロジェクトと同じ17日です。

f0064192_737662.jpg

[PR]
# by joko_tak | 2011-04-12 07:45 | 飲み会&パーティ

福島・茨城の農家を応援しよう

今日のお花見が雨で中止になったので(まだ降ってないけど・・・)、
これから有楽町の交通会館マルシェへ行って、被災地の野菜を買ってきます。

「買い控えを吹き飛ばせ!福島・茨城の農家を応援しよう」

福島以外の東北や千葉からも出店しています。
昨日、一昨日と会社帰りに寄ってみましたが、小規模開催の為か福島は出店していませんでした。
(先週の日曜日は、元野球選手、福島出身の中畑さんが応援に駆けつけたそうですが。)

土日は大規模開催になるから、福島のお店も出てるといいな。

f0064192_1243817.jpg
(交通会館と丸井の間で、東国原氏の演説やってました)



有楽町から歩いて行ける、福島のアンテナショップ「福島八重洲観光交流館」。
私は二度程会社帰りに寄ってみました。
平日でもお客さんが多いのですが、先週末は入場制限するほどの行列だったとか。
なるほど、商品が入荷しても、あっという間に売り切れてしまい品薄なわけですね。
交通会館に行った後、週末の「福島八重洲観光交流館」がどんなものか覗いてこようと思います。
[PR]
# by joko_tak | 2011-04-09 12:10 | 地震

福島が好き

猪苗代湖ズの『I love you&I need youふくしま』。
一度聴いたら、耳から離れない。何度も何度もリピートします。

こちら↓は、福島の風景を集めたヴァージョンです。



今はもうなくなってしまった景色も、またいつか元に戻る日を信じています。
[PR]
# by joko_tak | 2011-04-07 21:25 | お気に入り

I love you& I need you ふくしま

47都道府県出身の47人が、福島を応援して歌ってます。

知ってる顔が何人も出てきます。
特に、大阪人・鶴瓶師匠がいい味出してますね。
福島人・西田さんの表情がなんともいえない。

歌詞は特に感動するようなものではないはずなのに、なぜか涙が出ちゃう。
(初めて聴いたとき、あまりに「福島、福島」と連呼するので恥ずかしくなってしまった。)

他の東北や茨城の人からのメッセージも嬉しいです!
みんなで力を合わせて、東日本復興の為に頑張りましょう!!



猪苗代湖ズの『I love you & I need you ふくしま』を、47人で唄いました。
それぞれの故郷を持つ僕たちも、心から応援しています。

この楽曲は、『TOKYO FM 携帯サイト』http://www.tfm.co.jpと、
PC用音楽ダウンロードサイト『OTOTOY』http://ototoy.jpで配信しています。

この収益の全額が福島県災害対策本部に寄付されます。
みなさんご協力お願い致します。

[PR]
# by joko_tak | 2011-04-07 07:42 | お気に入り

日々のしょうもない出来事を、“ほろ酔い気分”で書き連ねます
by joko_tak
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お気に入りブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな